次は「ほぺろぐ」で検索してね

【徹底解説】海外に住む方法7選!短期・中長期別に外国で暮らすには?注意点も紹介

当サイトの記事内には広告が含まれています。

海外に住むにはどんな方法がある?

外国に住むとしたら、仕事はどうすればいい?

日本の慌ただしい生活に疲れて、海外に住んでみたいと思う人も多いはず。

変わり映えのしない生活から、人生で一度は海外に住む経験をしてみたい。

とはいえ海外になんの縁もない状態から、どうやって海外に住めばいいのか悩みますよね。

そこで本記事では海外移住7年目の筆者が、海外に住む方法とやるべき3つのこと、海外に住むメリット・デメリットなどを紹介します。

この記事を読めば海外に住むイメージがはっきりとし、海外移住への一歩を踏み出せますよ。

本記事の内容

  • 海外に住むメリット・デメリット
  • 短期で海外に住む方法(1〜3年)
  • 中長期で海外に住む方法(3年以上)
  • 海外に住むために今からやるべき3つのこと
  • 海外移住しやすい仕事・職種
  • 海外移住しやすい国
  • 海外に住むときのコツや注意点

本記事の信頼性

この記事を書いた人

ほぺまゆ

  • スペイン在住7年目
  • 大企業の安定を捨て、語学ゼロで単身渡西
  • ビザ申請・更新を5回経験
  • 累計120万人以上に読まれているブログを運営
登録しておきたい海外転職エージェント
  • JACリクルートメント……ロンドン発祥で世界11か国に拠点がある、社歴45年の老舗優良エージェント
  • エンワールド……国内の外資系企業・グローバル企業への転職専門エージェント
  • ビズリーチ……【海外事業に強い】グローバル人材向け会員制転職サイト

※いずれも相談・転職支援サポート無料

目次

海外に住むなら短期のお試し移住から始めよう

海外に住む方法をについて結論から言うと、まずは短期のお試し移住から始めるのがおすすめ。

短期のお試し移住から始めるべき理由

短期お試し移住をすると、海外に住むリハーサル&移住先の比較検討ができる!

短期のお試し移住から始めるべき理由
  • 海外に「旅行する」と「住む」は異なる
  • 「好きな国」と「住みやすい国」は異なる
  • 海外に住むうえで必要なものがわかる
  • 色々な国に住んで、移住先を比較検討できる
  • どんなに日本が嫌でも、恋しくなる瞬間がある

一度旅行で訪れた国に惚れ込んで、住んでみたいと思った……!

旅行者目線ではキレイに映っても、実際に住んでみるとがっかりするケースもよくあります。

海外生活をしている人が楽しそうで、羨ましくなった……!

SNSやメディアで見かける海外在住者の生活は、キラキラした良い部分だけを切り取っていることがほとんど。

実は裏では海外で暮らすためのストレスや、不自由さを経験しています。

短期お試し移住のベストな期間は?

短期でお試し移住するなら、最低でも1〜3ヶ月は必要です。

1〜3ヶ月ならビザの申請が不要な国も多く、アパートやマンションの部屋を借りて移住の疑似体験ができます。

移住先として複数の国で迷うなら、それぞれの国で1ヶ月ずつ試してみると◎。

ただ可能なら1〜3年程度の短期滞在をしてみるのがおすすめ。

というのも海外暮らしが気に入って「このままこの国に住み続けたい!」と思っても、3〜4年経つと嫌な部分がどうしても目についてくるため。

あんなにスペイン生活を続けたかったのに、急に日本に本帰国したくなりました

海外に住むメリット・デメリット

海外に住むメリット

  • ワークライフバランスがある
  • グローバルな視点が持てる
  • 語学力が伸びる
  • 自分らしさを表現できる
  • 海外旅行しやすい

海外に住むデメリット

  • 家族や友だちと疎遠になる
  • 仕事探しが大変
  • 言葉の壁がある
  • カルチャーショックがある
  • ビザの手配が必要

海外に住むメリット

ワークライフバランスがある

住む国にもよりますが、日本の残業文化や上司との付き合いは海外だとなかなかありません。

定時になれば周りを気にせず帰宅できますし、1ヶ月の休暇を取ることも可能。

家族との時間が最も大事だと考えられているので、自分の時間を犠牲にして仕事をする必要はありません。

グローバルな視点が持てる

海外に住むことで、新しい文化や習慣に触れる機会が増えます。

異なる文化の中で生活することで自身の視野を広げることができ、多様な考え方が自然と身につきます。

世界を狭く感じるし、フットワークも軽くなりますよ

自分らしさを表現できる

日本で生活していると周りの目を気にしたり、あまり目立たないように考えたりしますが、

海外では個人を尊重する文化が強いので、自分のやりたいことを自由にできる風潮があります。

海外に住むデメリット

家族や友だちと疎遠になる

家族や友人から離れることで、ホームシックになる可能性があります。

家族の集まりに参加できなかったり、友だちと連絡を取る機会が減ったりして孤独を感じることも。

年末年始や友だちの結婚式はとくに寂しくなりますよ

言葉の壁がある

現地の言語や文化への適応に時間がかかる場合があります。

異なる価値観や社会のルールに慣れるまで、戸惑うこともあるかもしれません。

各種契約書や病院での説明など、すべてが外国語なのは結構ストレスです

ビザの手配が必要

海外で生活する場合、常に付きまとうのがビザの問題です。

ビザの申請や更新手続きに時間と費用がかかることもありますし、タイミングによっては日本に帰国できないことも。

海外在住者なら誰しも一度はビザに悩まされたはず

短期で海外に住む方法3選(1〜3年)

①留学生として海外に住む

海外の学校に通いながら生活する留学は、海外移住のスタートの定番です。

語学留学や大学留学はどの国でも、ビザ申請が通りやすいのでハードルが低くて◎。

学費やその他諸々の費用(航空券や海外旅行保険など)を払えば、海外に住むことができます。

わたしもスペインへ移住したきっかけは留学でした。

②ワーキングホリデーで海外に住む

日本にはワーキングホリデー(以下ワーホリ)の提携国がたくさんあるので、気軽に海外に住むことが可能。

特に人気のオーストラリアやカナダには、ワーホリで来る日本人が多くいます。

ワーキングホリデービザ提携国(2023年4月現在)

オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、オーストリア、ハンガリー、スペイン、アルゼンチン、チリ、チェコ、アイスランド、リトアニア、スウェーデン、オランダ、エストニア、ウルグアイ

参照:外務省 ワーキング・ホリデー制度

対象年齢は18〜30歳(アイスランドは18〜26歳、フランスは18〜29歳)で、国ごとにビザ発給人数は異なるので事前に確認しておきましょう。

学生留学のような学費も必要ない上、現地で働けるので経済的な不安はそこまでありません。

③ビザ不要の期間が長い国に住む

ノービザで滞在できる期間が長い国に住むのも一つの方法です。

海外からリモートワークできる人や、フリーランスで自由に生活できる人は、ビザ不要の国に住んでは移動する生活も楽しいかもしれません。

ノービザで滞在できる期間が長い国の例

  • ヨーロッパ(シェンゲン協定加盟国)……90日
  • フィジー……4ヶ月
  • メキシコ……180日
  • ペルー……183日
  • イギリス……6ヶ月
  • カナダ……6ヶ月
  • ジョージア……365日

オーバーステイには注意しましょう

中長期で海外に住む方法4選(3年以上)

①海外勤務の仕事を見つける

海外の現地法人で働くのが、中長期で海外に住む王道の方法です。

移住したい国の会社に採用してもらえれば、「仕事(収入)」と「ビザ」の2つが手に入って効率的。

雇用主がビザの手配もしてくれるか、きちんと確認しておきましょう。

海外勤務の求人を見つける方法は?

現地に行かないと求人情報は見つからないし、面接もできないのでは……

海外転職に強いエージェントに相談すれば、日本にいながら海外勤務の求人を探すことができますよ。

登録しておきたい海外転職エージェント
  • JACリクルートメント……ロンドン発祥で世界11か国に拠点がある、社歴45年の老舗優良エージェント
  • エンワールド……国内の外資系企業・グローバル企業への転職専門エージェント
  • ビズリーチ……【海外事業に強い】グローバル人材向け会員制転職サイト

※いずれも相談・転職支援サポート無料

英語ができなくても海外勤務できる?

そもそも英語ができないと海外で働くなんて無理でしょ……

英語ができると有利なのは確かですが、英語ができなくても海外就職できる求人はありますよ。

②個人事業主・フリーランスになる

自分自身のビジネスや稼ぐ方法があるなら、個人事業主・フリーランスとして独立する方法もあります。

海外で個人事業主・フリーランスになるときのコツ

  • 事業計画に関連した資格を取得する
  • 国の最低時給を大きく上回る安定した収入を得る
  • 日本人にしかできないような事業計画にする
  • フリーランスビザを取得しやすい国を選ぶ

フリーランスビザを取得しやすい国は?

最近はリモートワークが増えているので、海外ノマドビザを発行する国も。

とはいえ海外の会社で働くのに比べてビザのハードルは高いので、しっかりした事業計画や収入が必要です。

フリーランスビザ(ノマドビザ、個人事業主ビザ)を取得できる国

〜ヨーロッパ〜

  • スペイン
  • ポルトガル
  • ドイツ
  • オランダ
  • エストニア
  • チェコ
  • マルタ
  • クロアチア
  • アイスランド
  • ノルウェー
  • ジョージア

〜アジア・中南米〜

  • ドバイ(UAE)
  • タイ
  • マレーシア
  • コロンビア
  • コスタリカ

※ほかにもいくつかの国でフリーランスビザを取得できます。

③現地の人と国際結婚をする

海外に住んでいる日本人で多いのが、現地の人との国際結婚。

国によっては国際結婚をするために長い手続きや、面接などをしなければならないストレスもありますが、

一度審査を通れば、安定した長期ビザを取得できます。

スペインには事実婚ビザもあり、結婚せずとも公式なパートナーとして5年分のビザを取得できますよ。

とはいえ国際恋愛もご縁なので、運次第なのがネックです。

気になる人を見つけたら積極的に声をかけられるよう、英語力(もしくは現地の言語力)を身につけておきましょう。

英語力はほんとうに大事です(真顔)

④不動産を購入するor資産を保有する

海外に不動産や高額預金などの資産を保有していれば、投資家ビザを取得できます。

投資家ビザを取得しやすい国の例(最低投資金額)

  • タイ……60万バーツ(約240万円)
  • フィリピン……2万ドル(約280万円)
  • マレーシア……100万リンギット(約3,000万円)
  • カナダ……35万カナダドル(約3,500万円)
  • ポルトガル……35万ユーロ(約5,250万円)
  • スペイン……50万ユーロ(約7,500万円)

わたしには関係ない話だわ完全に。

投資家ビザはお金持ちの方向けなので、お金が有り余っている人のみどうぞ。


ほかの海外に住む方法を知りたい人は、こちらの記事【海外移住の方法まとめ】移住するにはどうすれば?経験者が仕事の探し方やビザを解説!でも詳しく解説しています。

海外に住むために今からやるべき3つのこと

海外に住みたい人は今すぐ以下3つのことを始めましょう。

  • 海外転職エージェントに登録して求人を探す
  • 英会話レッスンを始める
  • 在宅で月10万円稼ぐスキルを身につける

①海外転職エージェントに登録して求人を探す

海外に住むときに大事なのが、仕事の有無。

海外転職エージェントに登録して、海外転職のプロに相談してみましょう。

タイミングや国によっては海外に支店をもつ日本企業の求人も見つかるので、海外移住のスタートにも◎。

登録しておきたい海外転職エージェント
  • JACリクルートメント……ロンドン発祥で世界11か国に拠点がある、社歴45年の老舗優良エージェント
  • エンワールド……国内の外資系企業・グローバル企業への転職専門エージェント
  • ビズリーチ……【海外事業に強い】グローバル人材向け会員制転職サイト

※いずれも相談・転職支援サポート無料

ほかの海外転職エージェントについては、こちらの記事【徹底比較】海外で働くなら登録必須の海外就職・転職エージェント5選!でも詳しく書いています。

海外転職に強いJACリクルートメント

運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
対応エリア
拠点
世界11ヵ国・34拠点
【国内】東京、東北、北関東、横浜、静岡、浜松、名古屋、京都、大阪、神戸、中国、福岡
【海外】韓国、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、シンガポール、インド、アメリカ、イギリス、ドイツ
公開求人数8,541件
(2024年3月時点、年収500万円以上の求人)
非公開求人数非公表
総求人数の75%(推定:約25,000件)
会員数約73,000人(年間登録者数)
転職支援実績年間9,833人
(2022年実績)
登録免許有料職業紹介事業:13-ユ-010227
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
JACリクルートメントの基本情報

は1988年に設立したロンドン発祥の日系転職エージェント。

30代〜50代をメインとして、年収600万円以上のミドル・ハイクラスのポジションに対する転職支援をおこなっています。

\海外で働きたいなら登録必須!/

  • 43万人の転職支援実績
  • ユーザーの94.7%が友人知人に薦めたい

②英会話レッスンを始める

海外で働く&友だちを作る上で大事なのが、英語力。

英語圏でも非英語圏でも、英語でコミュニケーションを取れると海外生活はイージーモードです。

「海外にいる外国人=英語ができる」と思われるので、できないと損をします。

わたし自身以前ヨーロッパにある日系企業への就職チャンスがありましたが、英語ができないことを理由に断念しました。。

英語の勉強は座学ではなく、英会話レッスンで!

海外に住むためにTOEICの勉強本を買ってこよ〜

英語力を伸ばしたいなら、座学ではなく英会話レッスンを始めましょう。

海外で大事なのは問題を解く力より、英会話でのコミュニケーション力です。

毎日30分独学で勉強するより、10分だけでもいいので英語のリスニングを聞く方が◎。

気軽に英会話レッスンができるサービス
  • DMM英会話……圧倒的な知名度と満足度、25分の無料レッスンが2回受けられる
  • イングリード ……英語のパーソナルトレーニング、短期間ですぐに結果を出したい人向け
  • ネイティブキャンプ ……予約不要で24時間365日好きなときにレッスンができる

DMM英会話は130か国以上の講師とレッスンができる、業界No.1のオンライン英会話サービス。

講師の出身国によっては、『英語+スペイン語』といった色んな言語を学べるのも嬉しい点。

日本人講師もいるので『最初から外国人の先生だと不安……』という人でも安心です。

\体験から3日以内の入会で初月50%OFF!/

  • 131か国の講師と話せる
  • 25分×2回の無料レッスン付き

③在宅で月10万円稼ぐスキルを身につける

海外に住み続けるために何より大事なのが、お金。

たとえ現地の仕事を見つけても突然解雇されることもありますし、就労ビザがもらえないこともあります。

どんなときでも自分で稼いで生計を立てられる、サバイバル能力が必要です。

「お金がない」は海外生活を断念する理由No.1

留学で海外に住んでいる人が、泣く泣く日本に帰るのを何人も見てきましたが、

みんな口を揃えて言うのが、

お金がないし、将来のことを考えて日本でちゃんと働く……

ビザの種類や滞在先の国によっては日本料理屋さんなどでアルバイトもできますが、あくまで一時的なもの。

留学しながら海外で自由に暮らすだけのお金を稼ぐのは、そう簡単ではありません。

貯金はなくなるが、稼ぐスキルはなくならない

100万円の貯金よりも月10万円稼ぐスキルの方が大事!

たとえ貯金があっても収入がなければいつか底をつきます。

海外生活はお金がかかる場合も多いので、突然の出費で貯金が一気になくなることも。

語学学校に通うことにしたから、学費で貯金が吹っ飛んだ……

しかし稼ぐスキルは一生モノです。

大きなお金が必要になったとしても、稼ぐスキルがあればなんとかなります。

日本にいるうちに副業で稼ぐ力を身につけることが大事です。

短期であろうと貯金を切り崩す生活はメンタルにきますよ

在宅で月10万円稼ぐ方法は?

いつでもどこでも稼げる在宅ワークの例

  • Web系フリーランス
  • ブログ・アフィリエイト
  • FXや仮想通貨のトレーダー
  • YouTuberや動画編集者

海外に住みながらでも稼げる副業・仕事は、こちらの記事海外在住でも稼げる仕事・副業15選【未経験でもオンライン在宅ワークできる!】でも詳しく紹介しています。

海外移住しやすい仕事・職種

日本語教師

日本語教師は海外で仕事ができる職種の定番。

海外では日本好きの外国人が多く、アニメやマンガなどの影響で日本語を学びたい人もたくさんいます。

わたしたちにとっては当たり前の『日本語』を強みに仕事ができるので、ハードルも低く始めやすいのが特徴です。

日本人しかできない仕事なので、ビザ取得も有利です

日本語教師になる方法

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座 では、未経験の人でも就職率96.3%という実績を誇る人気の講座。

資格が取得できるので、手に職をつけたい人に◎。

さらに厚生労働省による教育訓練給付金制度が適用される講座なので、国から最大10万円の支援を受けながら勉強できますよ。

\受講料20%OFFキャンペーン中!/

  • 未経験でも就職率96.3%
  • 教育訓練給付金がもらえる
  • 無料デジタルパンフレット

プログラマー

プログラマーは海外のどこの企業もほしがる人材。

アプリを開発したり、会社やサービスのシステムを作ったりと需要が多い仕事です。

プログラマーになる方法

プログラマーになるためには、以下3つが必要です。

  • 技術力
  • IT関係の学位
  • 英語力

①技術力を磨いて実務経験を積もう

まったくの未経験という場合は、独学よりもプログラミングスクールで勉強しましょう。

自分がプログラマーに向いているかわからない人は、一度無料体験や無料カウンセリングを試してみるのがおすすめ。

定番・人気のプログラミングスクール

スキル習得後は日本で実務経験を積むか、自分でシステムやサービスを開発して実績を作ります。

海外駐在がある企業なら、そのまま海外で働ける可能性もありますよ。

TechAcademy [テックアカデミー] のエンジニア転職保証コースは、経済産業省のReスキル講座(第四次産業革命スキル習得講座)に認定されているので、

条件を満たせば【受講料の最大70%(306,460円)】がハローワークから支給されます。

プログラミングスクールを使えば、国の給付金でお得にスキル習得してエンジニア転職できますよ。

テックアカデミーのエンジニア転職保証コースは、転職が決まらなかった場合も受講料を全額返金する保証があるので安心です

\転職が決まらなければ全額返金!/

  • 受講料の最大70%補助あり(条件を満たす場合)
  • 先行予約で5%割引

TechAcademy(テックアカデミー)のはじめての副業コース は、毎月5万円の収入を目指せる初心者向けコース。

受講開始から平均2ヶ月後に副業として仕事をはじめることができます。

キャプチャ撮影日:2023/2/25

学習サポートだけでなくお仕事の紹介も約束してくれるので、「勉強したのにお仕事がなくて意味なかった……」ということもありません。

はじめての副業コースも受講料の最大70%を補助金としてもらえる対象になりました!(最大33万円のキャッシュバック)

\ITエンジニアで副業収入5万円!/

  • 受講生の満足度98.7%
  • 受講開始して平均2ヶ月後に副業スタート
  • 補助金をもらうと通常の半額以下で受講できる

②IT系の学位を取得しよう

IT関係の学位を持っていない人は、学位を取得してから海外で就職活動をしましょう。

海外の大学は1年で大卒相当の学位を取得できるコースもあるので、大学留学してみるのもあり。

日本で働きながら学位を取得したい人は、ソフトバンクグループが運営するサイバー大学がおすすめ。

サイバー大学は日本初のインターネット大学(通信制大学)。

通学する必要はなく、働きながらオンラインで学士号(大学卒業資格)の取得が可能です。

まずは資料請求からでもいいので、チェックしてみましょう。

\最短2年でITの大卒資格取得!/

  • 24時間オンライン受講
  • 15分単位の効率的な授業

③英語力を鍛えよう

英語ができなければ海外就職どころか、面接さえできません。

まずは日本にいるうちに、スキマ時間を使って英会話レッスンをしましょう。

気軽に英会話レッスンができるサービス
  • DMM英会話……圧倒的な知名度と満足度、25分の無料レッスンが2回受けられる
  • イングリード ……英語のパーソナルトレーニング、短期間ですぐに結果を出したい人向け
  • ネイティブキャンプ ……予約不要で24時間365日好きなときにレッスンができる

最短で英語力を身につけたいなら、オンライン英語コーチングの【イングリード】 がおすすめ。

いまの英語力を専属コーチが分析し、あなたに合った学習方法の提案や進捗管理をしてくれるので短期間で成果を出せます。

1人でジムに通って自己流でトレーニングするか、パーソナルトレーナーと二人三脚で練習するかの差があります

イングリードの無料カウンセリング内容

  • 英語力診断テスト
  • テスト結果のフィードバック
  • 具体的な学習方法の提案

英語学習の始め方がわからない人は、とりあえず無料カウンセリングを受けてみるだけでも収穫あり◎。

\英語力のフィードバックがもらえる!/

  • 月額定額制で好きな期間通える
  • 英語コーチ採用率0.3%以下で質が高い

Webデザイナー

Webデザイナーは女性を中心に人気が高い職種。

実際に海外でWebデザイナーとして働くフリーランスの方もたくさんいます。

どの企業もWebサイトは必須といえるので、Webデザイナーの需要は継続的に見込めて◎。

アプリのUI/UXデザインを担う仕事もあります。

Webデザイナーになる方法

Webデザイナーになるならスクールを活用するのが◎。

必要なスキルを体系的に学べるうえ、転職サポートやお仕事案件の紹介もしてもらえます。

Webデザインが学べるスクールはこちら

Webデザインを学ぶなら、加入者が増えているがおすすめです。

運営会社SHE株式会社
学習内容Webデザイン、ライティング、マーケティングなど
40種類以上の職種スキル
受講方法オンライン
料金入学金:162,800円
スタンダードプラン 月額:13,567円〜
ライトプラン 月額:8,984円〜
SHElikesの概要

は20〜30代のミレニアル女性向けキャリア支援サービス。

Webデザインやマーケティングなど40種類以上の職種スキルを定額で学び放題です。(2024年2月現在)

未経験からでも仕事を受けられるレベルになるレッスンをオンラインで受けることができます。

スキルをしっかり習得した方には、お仕事チャレンジの機会のサポートもしてもらえるので心強い。

手に職をつけたい方や、子育てが落ち着いたあとも仕事に困りたくない女性におすすめですよ

オンラインで無料体験レッスンを受けられるので、自分にもできるか不安な人はぜひ試してみて。(体験後の入会は自由、無理な勧誘は一切ありません)

\女性向けキャリアスクールNo.1!/

  • 累計参加者7万人以上
  • 参加者満足度95%
  • 体験レッスン特典あり

ほかの海外移住しやすい仕事・職種については、こちらの記事【2023年】海外移住におすすめの仕事15選!稼げる資格やスキルを海外在住者が解説でも詳しく紹介しています。

海外移住しやすい国

ドイツ:個人事業主・フリーランスビザを取得しやすい

言語ドイツ語
日本との時差−8時間(夏期は−7時間)
直行便あり(成田、羽田、関西、中部)
飛行時間12時間
ドイツの基本情報
メリットデメリット
ビザを取得しやすい
学費が安い
日本人が暮らしやすい
冬は非常に寒い
ドイツ語が難しい
時差が大きい
ドイツ移住のメリット・デメリット

ドイツはヨーロッパの中で在住日本人が多い国1位。(世界では第8位)

移民の受け入れに比較的寛容な国なので、フリーランスや個人事業主のビザを取得しやすいのが嬉しい点です。

また公立校であれば小学校から大学まで学費は無料。もちろん外国人も対象。

教育費を抑えられるので子育てをするにはぴったりの国です。

オーストラリア:海外生活のスタートに人気な英語圏の国

言語英語
日本との時差−1〜+2時間(地域ごとに異なる)
直行便あり(成田、羽田、関西、新千歳)
飛行時間7〜10時間
オーストラリアの基本情報
メリットデメリット
短期移住しやすい
公用語が英語
時差が少ない
永住権の取得は難しい
季節が逆転する
物価が高い
オーストラリア移住のメリット・デメリット

海外在住日本人の数が世界で3番目に多いオーストラリア。

10万人近くの日本人が暮らしています。

ワーキングホリデービザで1〜2年程度の短期移住をする人が多く、海外生活のスタートとして選びやすい国です。

公用語が英語なので英会話の練習ができるほか、日本との時差が少ないので日本の人たちと仕事をしやすいのも魅力。

オーストラリアで海外生活&英語に慣れてから、別の国に移住するというのもありです

タイ:日本人が暮らしやすく物価が安い

言語タイ語
日本との時差−2時間
直行便あり(成田、羽田、関西、中部、福岡、新千歳、那覇)
飛行時間6時間
タイの基本情報
メリットデメリット
物価が安い
ビザを取得しやすい
日本から近い
日本人が暮らしやすい
タイ語が難しい
治安が不安
インフラ整備など不便な場合がある
タイ移住のメリット・デメリット

世界でも4番目に多い、7万人の日本人が暮らしているタイ。

外務省の統計を見ても過去5年間で毎年5%ずつ日本人の数が増加しており、タイ移住をする日本人が増えています。

日本との行き来がしやすいのも嬉しいですが、魅力的なのは物価の安さ

タイの首都バンコクで一人暮らし向けのマンション(家具家電付き)の家賃相場は約35,000円〜。

さらに日本人が住む日本人街と呼ばれる場所もあり、大戸屋やすき家などの有名日本食チェーン店があります。

もはや日本に住んでるのとほとんど変わらないのでは……


ほかの海外移住におすすめの国は、こちらの記事【海外移住におすすめの国ランキング】日本人に人気の国TOP10を移住経験者が解説!でも詳しく紹介しています。

海外に住むときのコツや注意点

事前の準備がなにより大事

移住先の国や申請するビザなどが決まったら、事前の準備をしっかりしましょう。

  • ビザ申請に必要な条件は?
  • ビザが却下されてしまったら?
  • 家探しがうまくいかなかったら?
  • 現地で仕事が見つからなかったら?
  • 就職先の会社が雇ってくれなくなったら?
  • 貯金が底を尽きてしまったら?
  • 移住先で病気にかかってしまったら?

現地の文化、法律、習慣、ビザや滞在許可、医療制度などについて事前に調査し、必要な手続きを早めに行いましょう。

また、現地の生活費や住宅事情、安全情報なども把握しておくことが大切です。

SNSやブログで常に情報収集をする

移住先の国の情報だけでなく、海外移住した人の情報にはアンテナを張っておきましょう。

各国のビザの情報や、海外生活に役立つことなど、実際に住んでいる人しかわからないことはたくさんあります。

もし海外に住んでみてうまくいかなかったら、近隣の国でもっと住みやすい国があるかも。

ほかの人は海外でどうやって生計を立てているかがわかれば、お金に困ったときの助けになるはず。

ビザを申請できる余力を持っておく

外国人が海外に住むときに必須なのが、ビザ。

永住権を持っている人や、国際結婚をしている人は気にしなくてもいいですが、

留学やワーホリ、個人事業主や海外起業などで海外に住む人は、常にビザ申請できる余力を残しておきましょう。

  • 最低でも1年間の生活費分の貯金は確保する
  • 居住国の平均年収を上回る収入を維持する
  • 会社の経営者や富裕層とコネクションを作る
  • 弁護士さんと繋がりを持っておく
  • ビザに関する情報収集をする

万が一ビザ申請を拒否されたときに、代替手段が見つかりますよ

まとめ:海外に住むには仕事・英語・お金が大事!短期お試し移住から始めよう

海外に住む方法を短期・中長期別に紹介しました。

短期で海外に住む方法(1〜3年)
  • 留学生として海外に住む
  • ワーキングホリデーで海外に住む
  • ビザ不要の期間が長い国に住む
中長期で海外に住む方法(3年以上)
  • 海外勤務の仕事を見つける
  • 個人事業主・フリーランスになる
  • 現地の人と国際結婚をする
  • 不動産を購入するor資産を保有する

海外に住みたいなら、まずは短期のお試し移住から始めてみましょう。

並行して以下3つのやるべきことに今すぐ取り組むことが大切です。

  • 海外転職エージェントに登録して求人を探す
  • 英会話レッスンを始める
  • 在宅で月10万円を稼ぐスキルを身につける

本記事を参考にすれば、海外に住むイメージが具体化されて必要なことがわかるはず。

事前の準備がなにより大事なので、早速海外移住の第一歩を踏み出してみましょう。

\海外で働きたいなら登録必須!/

  • 43万人の転職支援実績
  • ユーザーの94.7%が友人知人に薦めたい

Muchas gracias por leer♡

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次