次は「ほぺろぐ」で検索してね

【完全版】海外フリーランスになるには?稼げる仕事やビザが取れる国を解説

当サイトの記事内には広告が含まれています。

海外フリーランスになるにはどうすればいい?

海外フリーランスでビザが取れる国はどこ?

フリーランスで海外移住して、PC1つで場所を問わずに働けるライフスタイル、憧れますよね。

海外就職する自信はないから、海外フリーランスとして海外移住したいと考える人も多いはず。

そこで本記事では実際にフリーランスとして海外生活をしている筆者が、海外フリーランスになる方法と稼げる仕事、ビザが取れる国などについて解説します。

本記事の内容

  • 海外フリーランスの仕事選びの基準・ポイント
  • フリーランスで海外でも仕事・案件を探す方法
  • 海外フリーランスが移住先の国を選ぶポイント
  • 海外フリーランスの海外移住プラン
  • 海外フリーランスとして働くときのコツ
  • 海外フリーランスは日本で確定申告する必要がある?
  • 実際に海外でフリーランスをしている人の体験談

本記事の信頼性

この記事を書いた人

ほぺまゆ

  • スペイン在住7年目
  • スペイン語も英語もわからないまま単身渡西
  • 海外フリーランス歴3年以上
  • 累計120万人以上に読まれているブログを運営
目次

海外フリーランスになるには?3ステップで解説

①スキルを身につけて最低でも月10万円以上稼ぐ

海外フリーランスになるには、まず日本でもフリーランス(もしくは副業)で稼げるようにならなければ始まりません。

流れとしては、

  • 日本にいながらオンラインで最低月10万円以上稼ぐ
  • 海外移住して同じようにオンラインで稼ぎながら生活する

になります。

目標とする稼ぐ金額は、移住したい国の平均的な生活費によります。

移住先の国の生活費の目安

  • アジアの物価が安い国……最低でも月10万円
  • ヨーロッパ……およそ月15〜20万円
  • アメリカやスイスなど物価の高い国……およそ月20〜40万円

先に行きたい国を決めるのもいいですが、稼げるようになる間にビザの制度が変わったりする場合もあるので、

まずは月10万円以上稼ぐことに集中しましょう。

稼ぐ方法や仕事選びについては、次の大見出しで解説します。

②移住先や拠点とする国を選ぶ

オンラインで最低でも月10万円以上稼げるようになったら、移住先や拠点とする国・都市を選びましょう。

移住先の国の選び方の例

  • フリーランス向けノマドビザを発行している国
  • 物価が安く低コストで生活できる国
  • 個人的に行きたいと思っていた国
  • ビジネスチャンスがありそうな国
  • 日本から近く行き来がしやすい国

個人的には行ってみたい国・好きな国に行くのが一番!

今すぐ海外フリーランスになりたいなら、まずは物価が安い国に海外移住して、稼げる金額を上げていったら本命の国に移住するのもアリ。

また気になる国があれば、まずはお試し移住として短期滞在してみることが大切です。

移住先の国を選ぶポイントについては後ほど詳しく解説します。

③移住先のビザを取得する

海外移住する国や都市が決まったら、移住先のビザを取得しましょう。

海外フリーランス向けのビザがある国ならいいですが、フリーランスビザがない場合はまず学生ビザやワーホリビザで移住するのもアリ。

いろんな国を転々としたいなら、観光ビザで滞在できる期間が長い国を中心に生活するのも◎。

ビザが取得できたら早速海外へ飛び出して、海外フリーランス生活をはじめましょう。

海外フリーランスの仕事選びの基準・ポイント

いつでもどこでも仕事できる

海外フリーランスとして働くなら、必ずいつでもどこでも仕事ができる職種を選びましょう。

こんなお仕事は海外フリーランスに不向き

  • 日本でしかできない仕事……例)国内せどり、トレンドブロガー、不動産関係、治験
  • 日本のビジネスアワーにしか働けない仕事……例)オンライン秘書、日本株トレーダー

オンラインでできる在宅ワークなら、旅行中や日本への一時帰国中でも働けるので便利ですよ。

海外フリーランスが嫌になって帰国しても、日本で変わらず働けるのも強みです。

継続的に仕事を見込める

日本では稼げていたのに、海外フリーランスになってすぐに稼げなくなったら意味がありません。

仕事を選ぶときは長期的な視点で、継続的に仕事を見込めるかが大切です。

継続的に稼ぐためのコツ

  • 安定して発注してもらえるクライアントを複数持つ
  • 新型コロナや不景気などでも需要がある業界で仕事をする
  • 自分にしかできない専門性や発信力を持つ
  • 収入源を複数持つ

とくに収入を維持する保険として、収入源を分散させることはとても重要。

もし〇〇で稼げなくなったら、最悪△△で稼げる

と考えられるかが、海外フリーランスを続けられるかどうかの境目になります。

スキルが身につく

数ある仕事の中から1つ選ぶとしたら、スキルが身につくものや本業のスキルを活かせるものがおすすめ。

  • すでに使えるスキルがある……ビジネスに活かせないか考えてみる
  • スキルがない、新しい職種や業種にチャレンジしてみたい……スキルが身につく仕事を選ぶ

スキルや技術力がある職種はビザ審査にも有利です

海外フリーランスに向いている仕事・職種

プログラマー・ITエンジニア

プログラマーのお仕事はいまの時代どこの企業もほしがる人材。

アプリを開発したり、Webサイトを制作したりと需要が多い仕事の1つです。

技術力をみがいて実務経験を積もう

ITエンジニアで海外フリーランスになる流れの例

  • プログラミングスクールでスキルを習得
  • 日本企業のインターンや業務委託で実務経験を積む
    or 自分でシステムやサービスを開発して実績を作る
  • 海外からリモートワークできる会社で働く
  • 独立して自分で案件を受注する

ステップ3以降から海外生活をすることが可能になります。

プログラマーやITエンジニアを目指すなら、プログラミングスクールに通いましょう。

スクールに入ると仕事を紹介してもらえたり、人脈が広がるので◎。

無料体験無料カウンセリングがあるので、自分がプログラマーに向いているかわからない人は一度試してみるのもおすすめ。

定番・人気のプログラミングスクール

ITエンジニアとして副業・転職したいならTechAcademy

TechAcademy [テックアカデミー] のエンジニア転職保証コースは、経済産業省のReスキル講座(第四次産業革命スキル習得講座)に認定されているので、

厚生労働省の「専門実践教育訓練給付金」の対象となり、条件を満たせば【受講料の最大70%(306,460円)】がハローワークから支給されます。

プログラミングスクールは高いというイメージを持つ人もいますが、国から給付金をもらいながらスキル習得してエンジニア転職するという裏ワザもありますよ。

テックアカデミーのエンジニア転職保証コースは、転職が決まらなかった場合も受講料を全額返金する返金保証があるので安心です

\転職が決まらなければ全額返金!/

  • 受講料の最大70%補助あり(条件を満たす場合)
  • 先行予約で5%割引

TechAcademy(テックアカデミー)のはじめての副業コース は、毎月5万円の収入を目指せる初心者向けコース。

受講開始から平均2ヶ月後に副業として仕事をはじめることができます。

キャプチャ撮影日:2023/2/25

学習サポートだけでなくお仕事の紹介も約束してくれるので、独学で学んだけどお仕事なくて意味がなかった……ということもありません。

はじめての副業コースも受講料の最大70%を補助金としてもらえる対象になりました!(最大33万円のキャッシュバック)

\ITエンジニアで副業収入5万円!/

  • 受講生の満足度98.7%
  • 受講開始して平均2ヶ月後に副業スタート
  • 補助金をもらうと通常の半額以下で受講できる

Webデザイナー

Webデザイナーは女性を中心に人気が高い職種。

実際に海外でWebデザイナーとして働くフリーランスの方もたくさんいます。

企業にとってWebサイトを持つことは必須となっているので、Webデザイナーの需要は継続的に見込めて◎。

ほかにもアプリのUI/UXデザインを担う仕事もあります。

Webデザインが学べるスクールはこちら

加入者続出!女性向けキャリアスクールSHElikes

運営会社SHE株式会社
学習内容Webデザイン、ライティング、マーケティングなど
40種類以上の職種スキル
受講方法オンライン
料金入学金:162,800円
スタンダードプラン 月額:13,567円〜
ライトプラン 月額:8,984円〜
SHElikesの概要

は20〜30代のミレニアル女性向けキャリア支援サービス。

Webデザインやマーケティングなど40種類以上の職種スキルを定額で学び放題です。(2024年2月現在)

未経験からでも仕事を受けられるレベルになるレッスンをオンラインで受けることができます。

スキルをしっかり習得した方には、お仕事チャレンジの機会のサポートもしてもらえるので心強い。

手に職をつけたい方や、子育てが落ち着いたあとも仕事に困りたくない女性におすすめですよ

オンラインで無料体験レッスンを受けられるので、自分にもできるか不安な人はぜひ試してみて。(体験後の入会は自由、無理な勧誘は一切ありません)

\女性向けキャリアスクールNo.1!/

  • 累計参加者7万人以上
  • 参加者満足度95%
  • 体験レッスン特典あり

実際にSHElikesを利用した人の体験談

SHElikesの良い評判だけでなく悪い評判・口コミも確認したい人は、こちらの記事【2023年】SHElikes(シーライクス)の評判口コミまとめ!辞めた人の理由や感想は?もおすすめです。

\女性向けキャリアスクールNo.1!/

  • 累計参加者7万人以上
  • 参加者満足度95%
  • 体験レッスン特典あり

イラストレーター

イラストレーターはあなたのもつ絵の才能を強みにするお仕事。

フリーランスとして日本の企業からお仕事をもらいながら、海外でリモートワークすることができます。

まずは画力を磨きつつ、クラウドソーシングなどでお仕事をもらいながら実績を積んでいきましょう。

仕事を探せるクラウドソーシング・マッチングサイト

自信がついてきたら出版社などに営業をかけて、継続案件や契約をむすぶと安定してきます。

クライアントさんとの信頼関係が築けてきたら、海外移住をしても継続してお仕事ができるようにお願いしてみましょう。

ベルリン在住イラストレーターの高田ゲンキさんの著書は参考になりますよ!

著:高田 ゲンキ
¥1,267 (2024/04/24 04:33時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング
著:高田 ゲンキ
¥1,488 (2024/04/24 04:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

Webライター・ブロガー

フリーランスとして誰でもはじめやすいのがWebライターやブログ。

ブログを読んでくれた人がブログ内の広告をクリックしたり、広告の商品を買ってくれたりすると、

お客さんを連れてきてくれたブログ所有者にお金が入るという仕組み。(アフィリエイトとも呼びます)

広告代理店のような役割です

ブログ内で紹介できる広告は、ASP(ネット広告を取り扱っているサイト)で探すことができます。

登録しておくべきASP一覧

WebライターはブログやWebサイトを運営しているクライアントに記事を書いて納品するのがお仕事です。

わかりやすく言うと、

  • 単発or継続案件ですぐに確実にお金がほしい!→Webライター
  • 長期的に見てお金が稼げる資産を作りたい→ブログ・アフィリエイト

という風に考えると◎。

ブログはかんたんに始められて初期費用もほとんどかかりません。(無料でも始められます!)

ただブログを始めたからといって、確実に稼げる保証はないので注意。

まったく稼げない場合もありますし、時間をかけた割には少額しか稼げなくて時給換算するとほんのわずかということも。

スキルを習得するわけではないので、稼げないリスクもあります

ブログを収益化させたいなら、広告を自由に貼ったりデザインを変えたりできるWordPressブログで始めるのがおすすめ。

集客することができれば、センス問わず月5〜10万円も十分可能です。

月に100万円以上稼ぐツワモノもいますよ!

WordPressブログを始めたい方は、こちらの記事【初心者向け】Webサイトの作り方の手順をゼロから徹底解説を参考にしてみましょう。

実際にブログ・アフィリエイトで稼いでいる体験談

YouTuber・動画編集者

子どもたちの憧れの職業ともいえるYouTuber。

家でもできる、海外生活を活かすことができるという点で、海外移住を目指す人にはやりやすいお仕事。

普段なかなか見られない海外生活の様子を実況するだけで、海外移住に憧れる人たちからアクセスを集めることもできます。

ただしYouTubeで収益化できるようになるには、

  • チャンネル登録者数1000人以上
  • 年間再生数4000時間以上

という条件をクリアしなければいけないので、ハードルはわりと高め。(18歳以下は収益を受け取れません)

この条件をクリアするまで無収入の状態でひたすら動画をアップしなければいけないので、辛抱の時間が続くかも。

YouTubeをはじめる前に動画編集で稼ぐのもおすすめ

YouTubeで収益化できるかどうかは、数ヶ月間動画をアップロードして集客できるかによりますが、

確実に稼ぎたいなら動画編集スキルを学んで、まずはフリーランスとしてお仕事を受注するのもおすすめです。

人気の動画編集スクール

はオンラインで動画編集スキルを学べる業界最安級のスクール。

現役フリーランス講師からマンツーマンでサポートを受けられるので、動画編集者として稼げるか自信がない人も安心です。

デジハク卒業生の中には受講開始からたった2ヶ月で10万円の収入を得たり、企業から継続案件をもらったりする人もいます。

動画編集者としてスキルがあがり、集客するためのコツや視聴されやすいコンテンツの作り方がわかったら、

独立してYouTubeを立ち上げるとさらに稼ぎやすいですよ。

\未経験から動画を仕事に!/

  • 業界最安級
  • サポート満足度94%
  • SNSでの口コミNo.1

トレーダー

FXや暗号資産、株式投資などで売買をして利益をあげるトレーダー。

経済・金融知識がある人や、貯金が十分あり多少のお金なら自由に使えるという人はおすすめ。

ほかの仕事に比べてハイリスクハイリターンなので、なくなっても構わない余剰資金でおこなうようにしましょう。

FXでトレーダー

FXは外貨為替(Foreign Exchange)の略で、「日本円→米ドル」など外貨両替をしたときに発生する差額を利益にする稼ぎ方。

円が高いときにドルを買って、円が安くなってからドルを売ると差額の分利益がもらえます。

外貨両替で稼ぐイメージ

  • 1ドル=100円のとき、10万円で1,000ドルを購入
  • 1ドル=120円のとき、1,000ドルを売って円にする
  • 1,000ドルが12万円になり、2万円の利益になる
初心者でも始めやすいFXサイト
  • みんなのFX ……取引コストが業界最安クラス!口座維持費やロスカット手数料も無料
  • 楽天FX……自動売買ができるMT4システムを大手FX会社で唯一採用!楽天ポイントも貯まる

みんなのFX はFXを始めたい初心者向け。

安心の24時間電話サポートがついており、取引手数料や口座開設・維持費も無料。

取引コストが安く、みんかぶFX年間ランキングの総合部門でも1位を獲得している信頼のあるFX取引所です。

トレーダーとして場所を選ばず在宅で仕事をしたい方はぜひやってみては。

\新規口座開設とお取引で最大40万円キャッシュバック!/

暗号資産でトレーダー

ビットコインやイーサリアムなどの有名な暗号資産から、知名度の低い暗号資産まで色々ある中で選んで売買をする仕事。

FXのような外貨と比べて暗号資産は価格の変動が激しいので、その分大きく稼ぐ可能性もあれば損をしてしまう可能性も。

暗号資産で稼いで海外移住する人も増えています

初心者には少し難しいかもしれませんが、暗号資産があたりまえの時代がやってくるとするなら今から売買しておくのもありかもしれません。

【GMOコイン】 は口座開設・維持手数料、出金手数料など無料で初心者でも安心です。

\最短5分でお申し込み完了!/

SNS運用代行

SNS運用代行はTwitterやインスタグラムのアカウントを運用するお仕事。

商品の広報やマーケティングのためにソーシャルメディアを扱う企業が増えており、企業の代わりに運用してくれる人の需要が増えています。

SNSマーケティングの知識や実績がある人は有利ですが、SNSが好きな人など初心者でもはじめやすい仕事です。

フリーランスで海外でも仕事・案件を探す方法

プラットフォームを活用する

海外フリーランスとして仕事や案件を探すなら、仕事を募集しているプラットフォームへの登録は必須です。

Web系フリーランス向けや副業マッチングプラットフォームはたくさんあるので、海外移住前に登録しておきましょう。

仕事を探せるクラウドソーシング・マッチングサイト
海外で使われるお仕事マッチングサイト
  • Upwork……アメリカのスキルシェアプラットフォーム
  • fiverr……イスラエルの会社が運営するグローバルなクラウドソーシングサービス

人脈やコミュニティを活用する

海外フリーランスで大事になるのが、人との繋がりによるお仕事の紹介。

人脈や人との繋がりを広げる方法の例

  • ビジネス関係のイベントに参加する
  • フリーランス仲間を作って情報交換する
  • 経営者と仲良くなって知り合いを紹介してもらう
  • オンラインサロンなどのコミュニティに参加する
  • 異業種交流会に参加する

自分は何をできるのかを伝えて連絡先を交換したり、名刺を渡したりするとお仕事に繋がります。

知り合ったときはすぐにお仕事をもらえなくても、時間が経ってからお仕事の依頼が届くことも。

日本にいるうちはクライアント探しのために種まきしておきましょう。

SNSで情報発信する

Twitterやインスタグラム、Facebookを利用してお仕事を獲得するケースもたくさんあります。

SNSで情報発信するときのコツ

  • プロフィールに自分ができることを明記する
  • 自分のスキルに関する情報発信をする
  • お仕事募集の旨を定期的に載せておく
  • DMもしくはお問い合わせページを作る
  • できるだけ毎日発信する

実績がない初期の頃やフォロワー数が少ないうちは、業務委託先を探しているところに飛び込んで営業活動すると◎。

経験や実績が積み上がっていくと、情報発信の質も高まり、自分から仕事を探さなくとも仕事依頼が舞い込むようになってきますよ。

海外フリーランスがデジタルノマドビザを取れる国

海外フリーランスがビザを取得できる国は以下の通り。

フリーランスビザ(ノマドビザ、個人事業主ビザ)を取得できる国

〜ヨーロッパ〜

  • スペイン
  • ポルトガル
  • ドイツ
  • オランダ
  • エストニア
  • チェコ
  • マルタ
  • クロアチア
  • アイスランド
  • ノルウェー
  • ジョージア

〜アジア・中南米〜

  • ドバイ(UAE)
  • タイ
  • マレーシア
  • コロンビア
  • コスタリカ

※ほかにもいくつかの国でフリーランスビザを取得できます。

ビザの制度や状況は変更される場合があるので、必ず大使館や領事館にてビザの詳細を確認しましょう。

フリーランス向けビザ取得の条件

ビザ取得の条件は各国によって異なりますが、以下の内容を求められることがあります。

フリーランス向けビザの条件で確認しておきたいこと

  • 収入の最低額(年額もしくは月額)
  • 一定期間安定して収入が得られる証明
  • 職種によるライセンスや資格の証明
  • 一定額以上の残高証明
  • ビザ更新可否

フリーランスビザが取れる国だから大丈夫!とシンプルに考えず、自分の状況がビザ取得の条件に当てはまるかチェックしましょう。

海外フリーランスが移住先の国を選ぶポイント

物価が安く低コストで生活できる

物価が安く生活費にお金がかからない国ほど、海外フリーランスの難易度は低くなります。

フリーランスで毎月10万円稼ぐプレッシャーと、毎月30万円稼ぐプレッシャーは大違いです。

行きたい国の物価が高いなら、まずは低コストで生活できる国で海外フリーランスをはじめて、軌道に乗ってきたら移住するのも◎。

日本からの距離が近く時差が少ない

海外移住しても滞在先が日本から近ければ、何かあったときすぐ帰りやすいので◎。

とくに日本から近いと時差も少ないので、日本のクライアントと連絡が取りやすいのがメリットです。

海外フリーランスで日本に一時帰国するケースの例

  • 仕事に関する日本のイベントに参加
  • 取引先や人脈を増やす営業活動
  • 日本でしか使えないサービスや商品の利用
  • 家族や友人の冠婚葬祭
  • 移住先で病気になり療養が必要になった

英語が通じる

英語が通じる国はゼロから語学習得する必要がないので、海外生活をはじめやすいです。

生活するために仕事をして、語学の勉強もしてとなると、かなり負担がかかります。

とくに海外フリーランスの場合は日本の仕事を海外でするパターンが多いので、現地の言葉はビジネスで必要ありません。

日常会話の英語だけで生活できるくらいの国であれば、仕事に集中できて収入も安定しますよ。

行きたい国が非英語圏なら、最初は学生ビザで移住をはじめるのもおすすめ。

インフラが整っている

海外フリーランスはインターネットを使える環境が必須なので、移住先のインフラは整備されているか確認しておきましょう。

インターネット速度が遅かったり、WiFiを使える場所が少なかったりすると、仕事に支障が生じてしまいます。

先進国であればとくに問題ないと思いますが、それ以外の国であれば移住前に短期滞在してみて、仕事がしやすい環境か試してみることが大切です。

海外フリーランスの海外移住プラン

海外フリーランスビザ取得後、移住

王道はやはり海外フリーランス向けビザを取れる国に移住するプラン。

ビザを取得するには毎月一定額以上の収入があることを証明しなければならない国が多いので、稼げるようになるまで日本で準備期間が必要です。

海外フリーランスビザ取得後に移住するプランの例

  • スクールや講座などで稼ぐスキルを身につける:3ヶ月〜半年
  • 学んだスキルを使って目標金額を稼ぐ:半年〜1年
  • 移住先のビザを申請する:1〜3ヶ月
  • 航空券を購入して海外へ!

移住者にお金を国内で使ってもらうのが目的なので、収入の最低額は高めに設定される傾向があります。

【提携国限定】ワーホリ+海外フリーランス

今すぐにでも海外生活をはじめたい!

コストや労力がかからないお手軽なプランは、ワーホリをしながらフリーランスで稼ぐプラン。

ワーホリは提携国に限りますが、比較的ビザを取得しやすいのですぐに渡航できます。

今はまだ稼げなくても、最初は貯金を切り崩しながら稼ぐスキルを身につけたり、ワーホリでバイトをしながらスキルを身につけるのもアリ。

ワーホリ+海外フリーランスで移住するプランの例

  • 移住先のワーホリビザを取得する:1〜2ヶ月
  • 航空券を購入して海外へ!
  • 貯金で生活しながらフリーランスのスキルを磨く or 現地でバイトをしながらスキルを磨く
  • 海外フリーランスで生計を立てる
  • ワーホリビザが切れたら他の国や他のビザに切り替える

ワーホリは年齢制限があるので、30歳が近い人はお急ぎを。

学生ビザ+海外フリーランス

行きたい国はフリーランスビザもないし、ワーホリもない……

行きたい国のビザの種類が限られている人や、まずは現地の言葉をしっかり勉強したい人は、学生ビザ+海外フリーランスから始めると◎。

学生ビザであればほとんどの国で申請できるので、ビザに悩まされることなく滞在できます。

最初は留学しながらフリーランスとして稼げるようにし、安定した収入と現地の言葉が話せるようになったら、ビザを切り替えるのもアリ。

学生ビザ+海外フリーランスで移住するプランの例

  • 移住先の学生ビザを取得する:1〜2ヶ月
  • 航空券を購入して海外へ!
  • 貯金で生活しながらフリーランスのスキルを磨く
    or (可能なら)現地でバイトをしながらスキルを磨く
  • 海外フリーランスで生計を立てる
  • 学生ビザが切れたら他の国や他のビザに切り替える

ただ学費を払うためのまとまったお金が必要になるので注意を。

海外フリーランスとして働くときのコツ

収入源は複数持つ

海外フリーランスとして安定した生活をしたいなら、収入源は複数に分散させましょう。

収入源の分散といっても、3種類の分け方があります。

  • クライアントの多角化……例)複数のクライアントやプラットフォームで仕事を得る
  • 仕事の多角化……例)Webデザイナーをしながらブログでも収益を得る
  • 拠点の多角化……例)日本の仕事を受けながら、移住先でも仕事をする

たとえば日本だけでなく海外からの収入もあると、日本円と外貨の両方を稼げるので、円安になっても収入が極端に減らず安定します。

WebサイトやSNSを持つ

海外フリーランスで生活するなら、仕事を受ける窓口になるWebサイトのお問い合わせページやSNSは必須です。

あなたができる仕事やスキルを記載しておけば、それを必要とする人から問い合わせやDMが入る可能性も。

更新頻度が低くても大丈夫なので、最低でもあなたに依頼ができる窓口を用意しておきましょう。

移住前にお試しで短期滞在する

海外フリーランスを目指すなら、移住先を決めたらビザ取得前にまずは観光ビザで短期滞在してみましょう。

旅行に行ったことがある国でも、旅行で行くのと生活するのでは大きく違います。

観光地に行ってホテルに泊まるのではなく、短期滞在できるアパートメントを借りて、自炊をしながら現地の人と一緒の生活を体験してみましょう。

短期滞在するとこんなことも……

  • 思っていた以上に生活が不便だった
  • 日本の食材がなくて自炊が難しかった
  • 治安が悪くて安心して住めなかった
  • 騒音やインフラ整備が悪くて仕事がしにくかった
  • 気候や食べ物が自分に合わなくて体調を崩した

逆に快適な生活ができそうなら、海外フリーランスの生活をイメージできてモチベーションが高まるかも。

海外フリーランスは日本で確定申告する必要がある?

結論から言うと、海外在住で日本円の収入を得ている場合は、日本で確定申告をする必要はありません。

ただかんたんに海外在住といっても、場合によっては海外在住とみなされないケースもあるので確認が必要です。

自分が日本の非居住者かどうか確認しよう

国税庁によると、日本の「居住者」と「非居住者」の違いは以下の通り。

我が国の所得税法では、「居住者」とは、国内に「住所」を有し、または、現在まで引き続き1年以上「居所」を有する個人をいい、「居住者」以外の個人を「非居住者」と規定しています。

「住所」は、「個人の生活の本拠」をいい、「生活の本拠」かどうかは「客観的事実によって判定する」ことになります。

したがって、「住所」は、その人の生活の中心がどこかで判定されます。

〜一部省略〜

「居所」は、「その人の生活の本拠ではないが、その人が現実に居住している場所」とされています。

引用:国税庁 No.2875 居住者と非居住者の区分

理解しづらい内容ですが、まとめると以下2点に該当すれば非居住者とみなされます。

  • 海外に生活の本拠がある
  • 1年以上日本を離れている

住民票の有無は関係ありません

二拠点生活をしているなら、海外に住んでいても非居住者といえない可能性が高いので注意しましょう。

現地の税金や法規を理解しておこう

海外在住で収入を得ている場合は、原則として居住先の国で納税する必要があります。

そのため現地の税金関係や法律関係について理解しておきましょう。

言語の問題でわからなかったり、自分のケースがどれに当てはまるかわからなかったりするなら、現地の税理士さんに依頼してみると◎。

実際に海外でフリーランスをしている人の体験談

https://twitter.com/equal__studio/status/1533651417872797696
https://twitter.com/puravida_webd/status/1465677345239482373
https://twitter.com/copy_marketer/status/1320398817372483584

まとめ:海外フリーランスは稼げる仕事とビザがあれば誰でもできる!

海外フリーランスになる方法は以下の3ステップです。

  1. スキルを身につけて最低でも月10万円以上稼ぐ
  2. 移住先や拠点とする国を選ぶ
  3. 移住先のビザを取得する

フリーランスとして海外移住できるかは、安定した収入を得られるかが一番の鍵になります。

まずは副業からでいいので、会社に頼らずオンラインで稼ぐことからはじめましょう。

スキルや実績が身につけば、日本全国にかぎらず世界各国で場所を問わず生活できるようになります。

海外フリーランスが気になっているなら、今すぐ行動に移してみてはいかがでしょうか。

Muchas gracias por leer♡

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次