バルセロナでの空港から市内中心部への移動法まとめ




こんにちは、お母ちゃんのぜんざいが恋しいMayu(@Jope_Mayu)です。

 

今日はバルセロナを旅する方へ、空港から市内中心部への移動法をご紹介します!

 

ドキドキの海外旅行。

見知らぬ土地に着いてワクワクするとともに、空港から宿泊地までどうやって行けばいいのか……と不安になるのではないでしょうか。

 

そんなときのために、こちらの記事で事前に確認しておきましょう!

色んな方法を紹介するので、自分に合った移動方法を選んでみてください。

 

バルセロナの空港について

名前はBarcelona El Prat空港(バルセロナ•エル•プラット空港)

El Prat de Llobregatという地区に位置しており、観光で訪れるようなバルセロナ中心部から約15kmほど離れた場所にあります。

 

空港ターミナルはT1T2の2つ。

日本からの海外旅行者等は主要航空会社を使うことが多いと思うので、基本的に規模の大きなターミナル1(T1)に到着すると思います。

ターミナル2(T2)はLCCなどの小規模航空会社の発着ターミナルとなっています。

 

移動法にも多少かかわってくるので、自分の到着するターミナルは事前に確認しておきましょう。

 

空港から市内中心部への交通手段5種類をご紹介!

移動法1:地下鉄(メトロ) おすすめ度★★★

バルセロナのエル•プラット空港にはターミナルごとに地下鉄の駅があります。

駅名はこちら
ターミナル1:Aeroport T1
ターミナル2:Aeroport T2

いずれも地下鉄の9番線(Sud)を走っています。

9番線はオレンジ色が目印です。

9番線(Nord)は場所の異なる別の路線になるのでご注意を。

補足

「Barcelona」という名前のアプリを使うと、ネット環境不要(オフライン)で地下鉄路線図を確認することができます。

旅行前にあらかじめダウンロードしておくことをおすすめ!

 

 

バルセロナの地下鉄(メトロ)は主要箇所を網羅しています。

そのため多くの場合、宿泊地まで1つの交通手段で済みます。

宿泊場所の近くに最寄り駅がなくて、バスを使わなきゃいけない…という方も安心してください。

地下鉄に乗る前に切符を改札に通してから、90分以内の乗り換えであればバスも同じ切符で乗れちゃいます。

 

価格は空港利用料を含めた片道4.5€。

地下鉄の一日券(T-Día)を購入した場合は、そのまま使用できます。

 

そして空港の駅を走っている9番線(Sud)は、最近できたばかりの路線なので他の路線に比べてとっても綺麗!

T1が路線の出発駅なので、人で混み合っているということもほとんどありません。

 

デメリットとしては、9番線は中心市街地を通る路線ではないため、多くの場合地下鉄内での乗り換えが必要になります。

 

 

ちなみにわたしが普段利用しているのは、この地下鉄です。

というのも普段から定期券(T-Jove)を使っているので、この定期券を使えば別途費用がかからずに空港へ行くことができます。

観光ではなく留学等で長期滞在予定という方は、定期券を持っていればこちらの方法がおすすめです。

 

ただたまに予期せぬ運休もあるので、注意しておきましょう!

先日運休に巻き込まれて、すったもんだした私の空港までの道のりはマジョルカ島遠征の記事をチェック!

マヨルカ島へ遠征に行ってきました〜前編〜

2017.12.19

 

移動法2:電車(Renfe)(Rodalies) おすすめ度★★★

空港から電車で移動する場合はターミナル2(T2)からの出発となります。

ターミナル1(T1)に到着する場合は、T1からT2への無料シャトルバスが出ていますので、そちらに乗ってT2へ移動できます。

 

Renfe(レンフェ)は30分ごとに出ており、空港と中心市街地を結んでいます。

路線はR2もしくはR2N

なお空港から出発する場合は上記路線の電車しかないので、路線の確認は不要です。

停車駅はSants Estació(サンツ•エスタシオ)Passeig de Grácia(パセイ•デ•グラシア)Estació de França(エスタシオ•デ•フランサ)などです。

価格は片道4.1€

 

バルセロナの主要駅であるサンツ駅、もしくはフランサ駅に行きたい場合は乗り換え不要なのでおすすめ。

そのほかのメリットとしては、観光客によく使われる空港バス(アエロブス)よりも安い点があげられます。

 

 

移動法3:空港バス(アエロブス) おすすめ度★★

いろんなサイトでおすすめされている空港バス。

ターミナル1及びターミナル2から出発しており、中心部のエスパーニャ広場カタルーニャ広場まで直通で運行しています。

 

価格は片道5.9€

往復切符は10.2€で15日間有効です。

 

空港から乗車する場合は乗り場に専用券売機があるので、切符は事前購入しておきます。

逆に空港へ戻る際、各バス停に専用券売機はないのですが、バスが到着すると運転手さんからチケットを購入することもできます。

 

 

正直なところバルセロナに住んでいるわたしとしては、あまりおすすめしません。。

というのも、運賃が高く感じます。

 

このバスは完全に観光客向けなので、

  • 中心部まで行くのに乗り換える自信がない
  • 間違うことなく空港に着きたい
  • 大きな荷物を持って電車や地下鉄に乗るのは怖い

という方にはおすすめです。

安心で確実な方法とも言えるかもしれません。

 

ただそこまで不安に感じない、もしくは安い方法で行きたいという方は、その他の交通手段をおすすめします。

 

移動法4:TMBの一般バス おすすめ度★★

バルセロナ市内を行き交う一般バスの中に、空港まで続いているバスがあります。

路線番号は46。

エスパーニャ広場からエル•プラット空港までを結んでいます。

行き先の表示はPl.Espanya/Aeroport BCN

4時50分〜23時50分まで運行しています。

エスパーニャ広場から空港までは30分程度(混み具合による)。

 

この路線であれば、地下鉄と同じく普通の片道切符は2.15€

他の交通手段に比べて、最も安いです。

 

T-10カードの回数券も使えるので、使いきれなかったという方も安心。

この回数券を使えば空港までたった実質1€で行くことができます。

ただ土地勘がなく旅慣れていない、英語もスペイン語もわからないという方には少し難易度が高いかもしれません。

 

補足

路線番号N17のバスで、真夜中でも空港を行き来することができます。

バルセロナは夜間バスも休むことなく運行しているため、夜中になっても交通手段がなくなるということはありません。

空港間の交通手段も同様。

路線番号N17のバスはカタルーニャ広場エルプラット空港を結んでおり、途中エスパーニャ広場を経由します。

  • 飛行機が遅れてしまい、真夜中の到着になってしまった
  • 朝早い飛行機のため、始発バスよりも早く移動したい

という方にはおすすめです。

こちらも通常バスと価格は変わらず、片道2.15€。T-10も使えます。

 

移動法5:タクシー おすすめ度★

大きな荷物を抱えた状態で、一番確実で楽な交通手段です。

チケットを買ったり、電車やバスを探したりしたくない、すぐにでも出発したい、という方にはおすすめです。

料金は30〜40€弱が目安。(サンツ駅までは30€程度)

 

ただ料金とは異なる高い金額を要求してくる運転手もいるようなので、十分注意が必要です。

女性1人で乗るのも危険がないと言いきれません。

タクシー嫌いのわたしからすると、あまりおすすめしない移動法です。

 

各種バス乗り場(電車の駅)への行き方(ターミナル1)

ターミナル1に到着すると、下記のような表示がある入り口を見つけられます。

ドアを抜けると下に降りる自動スロープがあります。

それに乗って地上に出ると、下記乗り場を見つけることができます。

  • 空港バス(アエロブス)の乗り場
  • TMBの一般バス乗り場
  • ターミナル2への無料シャトルバス乗り場

 

電車に乗って移動したい方は、無料シャトルバスに乗ってターミナル2へ行ってください。

注意

地下鉄(メトロ)を利用したい方はこの入り口ではありません!

ここを通過してさらに空港の奥へ

バルセロナでの空港から市内中心部への移動まとめ

主に使われる5つの移動手段についてご紹介しました。

わたし個人の主観からおすすめ度を付け加えましたが、何を重視するかによって選ぶ移動方法は人それぞれだと思います。

  • 市内中心部の行き先はどこなのか
  • 乗り換えがあるか、ないか
  • 空港への到着時間はいつなのか
  • できるだけ安く移動したい
  • 安全で確実な方法を選びたい

……etc

 

色々な条件を考慮して選んでみましょう!

Muchas gracias por leer♡

sponsored link






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

スペイン在住のホペイロ(エキップメント)×ブロガー。 大企業を辞めスペイン語英語ゼロでバルセロナのサッカーチームに1人で乗り込み、マネジメント活動中。 現地スペインのサッカー情報、人生を楽しむ達人らとのラテン生活を発信。 九州女子。