スペイン人の生活サイクルって?現地在住者が徹底解説!




 

こんにちは、Mayuです。

 

 

早速ですが、日本人とスペイン人の生活はどんな点が異なるでしょうか?

 

同じ人間です。ただ違う点は数え切れないほどあります。

 

スペインで暮らしているわたしが率直に感じた、スペイン人の一日の生活スケジュールをご紹介します。

 

 

のんびりとした朝のスタート

スペイン語で「おはよう!」は「Buenos días!(ブエノス・ディアス)」

良い一日を!という意味が込められています。

 

スペイン人の朝の開始は日本とそれほど変わりません。朝の9時前後に始業します。

 

ただここはゆったりしているスペイン人の国民性。知り合いの話によると出社しても朝食やコーヒー1杯等で1時間ほど席を外すこともあるようです。

近くのバルなどでも新聞を片手にコーヒーとパンを食べている人をよく見かけます。

 

日本で働いていたときに9-12時の時間帯がいかに大切か、いかに仕事をこなすかを痛感してきた私にとって、とても衝撃的でした。。

 

そのためか午前中は13時か14時頃まで働きます。

 

 

お昼は長〜い休憩から始まります

スペイン語で「こんにちわ!」は「Buenas tardes!(ブエナス・タールデス)」

 

14時頃まで働いたあとはお昼休憩「シエスタ」に入ります。

 

ただこのシエスタが何と言っても長い。長いんです。

14時頃から17時頃まで休憩に入ります。逆に何をするんだといった感じです。

 

この時間は一度家に帰ってお昼ご飯を食べることも多いようです。学校に通う子どもたちも一度家に帰ってみんなでお昼ご飯です。わざわざ家に帰るという点が日本とは違うように感じます。家族を大事にするという国民性のためでしょうか。

そのせいもあってかこの時間帯はメトロ(地下鉄)も他の時間に比べて人が多いです。みんな家に一度帰っているようです。

 

そしてご飯を食べたあとは少しお昼寝をしたりして、学校や仕事に戻ります。

 

スペイン人と話していてお昼の時間に帰ろうとすると、必ずと言っていいほど「帰って寝るのか?」と聞かれます。お昼寝をするという習慣はないわたし(おそらく多くの日本人ならそうだとは思いますが)にとっては「いや寝らんわ!」と毎回ツッコミを入れたくなります。

 

この時間はお店なども閉まっています。スーパーマーケットなどは開いていますが、本屋さんや電気屋さんなど基本的にお休みです。結構コアな時間帯ですが…。シエスタを忘れて買い物に出かけて、お店が閉まっていたなんてこともよくあります。

 

そして17時から20時頃まで働いて1日の活動が終了です。

 

 

夜は慣れるのに苦労する遅めの夕食

スペイン語で「こんばんわ!」は「Buenas noches!(ブエナス・ノーチェス)」
この挨拶はお別れするときなどの「おやすみ!」という意味でも使われます。

 

スペイン人の夕食は21時か22時頃が一般的です。

 

私がホームステイをしていたときはホストマザーが気を利かせて早めにしてくれていたので、大体20時頃でした。

海外から来た留学生はこの遅い夕食に戸惑うことが多いようです。スペイン語の授業でもよく夕食の話になるのですが、この時間帯に慣れないという人がほとんどでした。わたしにとっても健康面を考えると、寝る数時間前に夕食をとるのは避けたいところです。。

 

またレストランで夕食をとろうと思ってもお店が開くのは大体20時頃です。これからスペインを旅行しようと思っている方は19時頃夕食!なんてことは出来ませんので覚えておきましょう。

 

 

スペイン人の食生活について

スペイン人の食事は1日5食が一般的と言われています。

 

朝家を出る前に朝食、11時頃遅いお昼休憩を待つ間に軽食をとり、そのあと昼食、17時18時頃にまた軽食をとり、その後やっと夕食です。

昼食や夕食を待てずに軽食をとるくらいなら早めに食事をすればいいのにと思ってしまうのはわたしだけでしょうか。。

 

まして5食もとるくらいだから、1回の食事も少ないのでは?と思いますが、わりと普通の量を食べています。軽食もスペインのサンドウィッチと呼ばれるbocadillo(ボカディージョ)を持参して食べたりしています。

 

 

そしてお酒を飲む時間も自由です!

 

日本では1日の仕事を終えて、夜にビールで乾杯!といった幸せな瞬間がありますよね。スペインではお昼から当たり前かのようにビールやワインを飲んでいます。

お昼のメニューもお水かコーラかビールかワインか、といった感じです。みんなお仕事は大丈夫なんだろうか、と心配してしまいます。

 

たまに定年退職しているようなおじいさんが朝からバルでビールを飲んでいるところを見かけることもあります。自由で楽しそうだなと思い微笑ましく思います。

 

お酒好きな私にとってはとてもありがたいことです。お昼から時間を気にせずお酒を飲んでいるので、この感覚を持って日本に帰ることが少し怖いですね。。

 

 

スペイン人にとっての朝昼夜の時間的感覚

スペイン語では朝=mañana、昼=tarde、夜=nocheという単語なのですが、それぞれ意味する時間もこのスケジュールに則っているようです。

 

一般的にmañanaは15時頃まで、tardeは15時から21時頃まで、nocheは21時以降になります。13時もまだ朝、20時はまだお昼。日本にはない感覚ですね。

 

これは夏になるといっそう実感します。

スペインは日がとっても長いので、遅いときであれば夜22時頃まで明るいときもあるんです。21時までがお昼という感覚もなんとなくうなづけます。夕食の時間が遅いのも、日の長さが影響しているのかもしれません。

 

 

また日曜日や祝日は見事にお店も閉まっています。スーパーマーケットも閉まっているので、多くの家庭は土曜日の夜に駆け込むかのように買い物をしています。

日曜日に営業しているのは中国人やアラブ人が経営している小さな商店くらいでしょうか。。そしてつくづく日本のコンビニはなんて便利なんだと実感しました。。

 

 

スペイン人の生活習慣は日本と異なりますが、こういった違いを肌で実感するのも海外生活ならではの経験です。

お昼からテラスで太陽を浴びながらワイワイお酒を飲むのも、スペインを楽しむ方法としてオススメです。

 

Muchas gracias por leer♡

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

2016年に大手通信企業を退職し、夢を抱いて単身スペインへ。“とにかくやってみる“を基本に、自分なりにできることをチャレンジ。サッカーをこよなく愛する。スペインにとどまらずヨーロッパへの一人旅も。見た目は子ども、頭脳は体育会系のなでしこジャーニー。