スペインでの挨拶の仕方は?言葉だけじゃなく覚えておきたい挨拶のマナー




こんにちは、スペインの挨拶の文化が好きなMayu(@Jope_Mayu)です。

情熱的な国とよばれるスペイン。

ラテンな血が通ったスペイン人は、日本人とは文化が大きく異なります。

挨拶の仕方一つでも、こんなに違うのかと。

これだけ違うとなると、いざスペインへ留学もしくは移住した際に

どうやって挨拶すればいいんだろう?!

と不安になるかもしれません。

そこで今回はスペインでの一般的な挨拶の流れ・お作法を紹介します。

これからスペイン渡航予定の方は、ぜひ本記事で予習しておきましょう。

いい人間関係を作るには、いい第一印象を与えることが大事!

 

スペインでの挨拶はほっぺにキスするのが一般的

スペインでの挨拶は基本的に両方のほっぺにキスをします。ただし、男性同士だと握手程度が一般的。

初対面の場合
  1. 男性と女性→両ほっぺにキス(たまに握手のみ)
  2. 女性同士→両ほっぺにキス
  3. 男性同士→握手
仲の良い人もしくは以前逢ったことがある場合
  1. 男性と女性→両ほっぺにキス
  2. 女性同士→両ほっぺにキス
  3. 男性同士→握手もしくはハグ(たまにほっぺにキス)

例外として、ほぼ毎日逢うような仕事仲間や、大勢のグループと出逢ったときなどは「Hola(オラ)〜」と言葉だけで挨拶する、もしくは握手だけで済ませることも。

語学学校に通う人も、授業の先生と毎回ほっぺキスする必要はありません。

挨拶なしでは乗りきれなかった経験はこちら
スペインで家族と過ごすクリスマスを体験してきた話

 

ほっぺキスの挨拶を簡単に解説してみる

女性であれば必ず覚えておかなければいけない、ほっぺキスの挨拶。慣れていない頃はどうすればいいのか戸惑うと思います。

そこでスペイン式ほっぺキスの挨拶を簡単に説明します。

一般的なスペイン式ほっぺキスの挨拶

  1. 出逢ってすぐ抱き合いながら、自分の右ほほを相手の右ほほにくっつける
  2. その後、さらに自分の左ほほを相手の左ほほにくっつける
本場のスペイン人っぽく挨拶するには
ほっぺをくっつけるときは、口で「チュッ」と軽く音を出してみると自然な感じになります

最初は相手の左側に顔を近づけていくイメージです。

「逢いたかったよーー!」という気持ちを存分に表したいときは、ほっぺをくっつけるのではなく実際にほっぺにキスをしちゃいましょう。

おそらく仲の良い関係性であったり、久しぶりの再会で喜びを表したかったりする場合は、相手もあなたにほっぺキスをしてくるでしょう。特に相手がおじちゃんだったらなおさら確率が高い。

Mayu
あらためて文字に起こすとなんかおもしろい
ちなみに
日本の文化を知ってて気を遣ってくれる人は、日本人のあなたに挨拶するときにハグやほっぺキスを控えてくれることもあります。必ずしなければならないというワケではないのでご安心を。
スペイン人のことをもっと知りたいという方へ
サッカーだけじゃない!スペイン人の国民性がおもしろすぎる

 

スペインで挨拶をするときに気をつけておきたいマナー

たとえば大人数の集まり、もしくは何人かで話しているところに合流したとき。

全員と1人ひとりほっぺキスの挨拶をしていくなんて、めっちゃ時間かかるやん。。

なんて思うはず。

なおかつあなたがよく気を遣う人であれば、相手が誰かと話しているところを遮ってまで挨拶をしたくないなんて思うのではないでしょうか。

おそらく彼らは遮られても明るく受け入れてくれると思いますが、こんなときは下記の①もしくは②のどちらかで対応しましょう。

  1. 全員に向かって言葉だけでHola〜と挨拶する
  2. 全員とほっぺキスの挨拶をする

 

ここでできるだけ控えたいのが、誰か一部の人だけにほっぺキスの挨拶をすること。

全員とするもしくは全員としない、のどちらかにはっきりと決めましょう。

スペインに限らず日本でも同様だと思いますが、人によって異なる挨拶をするのはあまりよく受けとられません。

Mayu
たとえば選手のママ会なんかに参加したときは、もうみんなにほっぺキスの嵐

 

スペインでの挨拶あるある

上記の挨拶が日常茶飯事で繰り広げられるスペインですが、やはり日本人は慣れてないので多少とまどうと思います。

スペインでの挨拶あるある①ほっぺキスの間お互い数秒間黙る気まずさ

挨拶する相手が1人もしくは2人であれば、特にすっと終わらせることができます。

ただ大人数相手にとなると、結構時間かかります。

日本であれば「こんにちは〜」とまとめて挨拶し軽く礼して終わるところを、スペインだと全員にほっぺキスしなければならなくなる。

途中で「自分何やってんだ?」みたいな自問自答に入ることもあります。

Mayu
迷わずやるっきゃない

 

スペインでの挨拶あるある②右ほほだけで終了するか両方するかで迷う

スペインでの挨拶は基本的に右ほほ1回・左ほほ1回なのですが、ときに右ほほ同士をくっつけて口で「チュッ」と2回音を出して終了の場合もあります。

両方に1回ずつするのを省略して、片ほほに2回するやり方。

両ほほにキスする挨拶に身体が慣れてしまうと、右ほほに2回されたときも思わず左ほほにしようとしてしまい「お?おっと?」みたいなことに。

 

またひさしぶりに出逢って嬉しさ全開のときなんか、ほっぺキスの挨拶よりもまずハグをぎゅーーっとして気持ちを表すときがあります。

そこでほっぺにチュっとするのですが、そのあとにもう1回左ほほでハグしなおすのか?みたいな迷いが生じる場合も。

Mayu
まあ愛情表現は何回してもいいってことで!躊躇せずやっちゃおう!

 

スペインでの挨拶あるある③イケメンや好きな人とは照れる

日本だと恋人同士や夫婦同士などでするようなほっぺキス。友だち同士ではしないし、まして初対面の人なんて考えられませんよね。

スペインではただの挨拶といえど、ほっぺキスは人と人が一気にパーソナルスペースへ入ってくるわけです。

その相手がイケメンだったら、女の子はみんなちょっと照れてしまうのではないでしょうか。

反対もしかり?男の子も可愛い女の子とするときは照れるのかもしれません。

Mayu
スペイン在住日本男子教えて!

また友だちグループの中に意中の人がいる場合なんかだと、なおさら好きな人とほっぺキスするのは照れてしまうでしょう。

Mayu
ここはもうありがたく、スペイン文化の恩恵を受けとっておこう

 

他の国ではほっぺキスの挨拶はどうするんだろう?

イタリア人とのほっぺキスの挨拶は気をつけよう

もしかしてイタリア人男性はがんがんキスしてくるってこと?
Mayu
お姉ちゃんまんざらでもない顔してんな

もしかするとそうかもしれませんが、ここでの気をつける意味は少し違います。

先ほどの挨拶あるあるにも含まれますが、スペインの隣国イタリアでは一般的に左ほほからほっぺキスを始める人が多い。

スペインとは真逆、つまりイタリア人とほっぺキスをするときは顔を近づけた状態で「ど、どっちから?」みたいな状況にたびたび陥ります。

Mayu
あやうく事故りかねない

相手がイタリア人と聞いたら、左ほほから始める場合もあることを頭に入れておきましょう。

 

ちなみに以前、ツイッターでちょっとした質問を投げたことがあります。

スペインとイタリアはわかったけど、他の国の挨拶ってどうなのか?

質問をした2018年1月頃は確かフォロワーさん500人もいたっけ?くらいのときだったので、集まった内容はほんの少し。ですがちょっとだけご紹介。

 

パナマは左ほほからだったらしい

同じスペイン語圏のパナマでは左ほほだった気が、というコメントをいただきました。

 

中東のレバノンとシリアもスペインと同じ右ほほかららしい

中東でもキリスト教徒の人は右ほほからとのこと。

人種のるつぼの国はもう対応力と柔軟性が問われますね。

 

スペイン語での挨拶の例文を紹介しよう

ほっぺキスの方法についてはなんとなく掴めたことを願いますが、やはり無言でほっぺキスは味気ないですよね。

そこでスペイン語での挨拶を練習しておきましょう。

スペイン語での挨拶①やっほー

誰かと出逢ったときのスペイン語での第一声は「¡Hola!(オラ!)」と声をかけます。

英語でいうHiやHelloの意味です。

日本語訳「やっほー」とのんきな感じにしてますが、正式な日本語訳がないので強引にあててみました。。

Mayu
日本語でオラ!に代わる言葉誰か作ってほしい。。気軽に声かけれない

 

スペイン語での挨拶②おはよう、こんにちは、こんばんは

朝・昼・夜と時間に合わせて変わる挨拶はこちら。

  1. おはよう→Buenos días(ブエノス・ディアス)
  2. こんにちは→Buenas tardes(ブエナス・タールデス)
  3. こんばんは→Buenas noches(ブエナス・ノーチェス)
Mayu
全部言うとちょっと長いから、現地の人は「Buenas(ブエナス)」と言って略すことも

 

スペイン語での挨拶③元気にしてる?

Holaの次によく言われるのが「元気?」という表現。

王道はこの2つ。

  • ¿Qué tal?(ケ・タル)
  • ¿Cómo estás?(コモ・エスタス)

これさえ覚えておけば、まあなんとかなります。

上記2つはスペイン語の本なんかに頻繁に出ていますが、実際現地で話されているスペイン語だと違う表現をすることも珍しくありません。

余裕があればその他の表現も覚えておきましょう。

Mayu
スペイン人はよく変化球投げてくるから柔軟に対応しよう

 

スペイン語での挨拶④よろしく

初めて出逢った人によろしくと言いたいときは、

  • Mucho gusto(ムチョ・グスト)
  • (話し手が男性の場合)Encantado(エンカンタード)
  • (話し手が女性の場合)Encantada(エンカンターダ)

上記3つが一般的。

 

スペイン語での挨拶⑤久しぶり!

ひさしぶり!と軽いノリで言いたいときは下記のような表現が使えます。

  • ¡Hace mucho tiempo!(アセ・ムチョ・ティエンポ)
  • ¡Cuánto tiempo!(クアント・ティエンポ)

ちゃんとした感じで「長いこと逢ってないね!」と言いたいときは、Hace mucho tiempo que no nos vemos(アセ・ムチョ・ティエンポ・ケ・ノー・ノス・べモス)とかになるんですが、ちょっと長くてあまりにくどいので略したほうが使いやすいでしょう。

Mayu
Hace mucho tiempo!とか言って抱き合いながら挨拶することが多い

 

スペインでの挨拶の仕方まとめ

スペインでのほっぺキスの挨拶のお作法とスペイン語での挨拶を紹介しました。

日本の感覚と少し違う部分もあるので戸惑うこともあるでしょう。

こればかりは経験です!人見知りせず明るく挨拶してみましょう!

きっと明るいスペイン人は喜んでくれるはず。

Muchas gracias por leer♡




ABOUTこの記事をかいた人

スペイン在住のホペイロ(エキップメント)×ブロガー。 大企業を辞めスペイン語英語ゼロでバルセロナのサッカーチームに1人で乗り込み、マネジメント活動中。 現地スペインのサッカー情報、人生を楽しむ達人らとのラテン生活を発信。 九州女子。