スペイン語の勉強法に映画を使うことをおすすめする3つの理由




こんにちは、毎日スペイン語の映画漬けのMayu(@Jope_Mayu)です。

ここ数週間リスニングを鍛えるために、ほぼ毎日と言っていいほどスペイン語の映画やドラマを見てきました。

続けてみてわかったこと、それは映画を使った学習法はリスニングだけでなく、スペイン語学習に必須な単語力向上やモチベーション維持に効果的だということ!!

今回の記事はスペイン語がなんとなく喋れるようになってきたものの、まだまだ自信が持てないというスペイン語中級者向けです。

また今回はわたしがスペイン語学習に使っているため、スペイン語学習者向けになっていますが、英語など他の言語でも当てはまるものです。

 

映画を使ったおすすめのスペイン語学習スタイル

まずはじめに、どのような環境で映画をスペイン語学習に使うべきか。

映画のジャンル選び

映画にもさまざまなジャンルがあります。

アクション系、恋愛系、ミステリー系、SF系、ドキュメンタリー系、コメディ系、アニメなどなど……

ジャンルごとによって、レベルも変わってきます。

あまり自信がないもしくはスペイン語で映画を見たことがないという方は、子ども向けのアニメから始めてみるのが良いでしょう。

特に問題なければ、日常を題材にした恋愛系やドキュメンタリー系の映画などをおすすめします。

専門用語が多く出てくる、医療・ミステリー系やSF系などは比較的上級者向けの映画です。

 

音声や字幕はどうするべきか

おすすめしたいのはスペイン語の音声にして、字幕なしで一度見てみること。

スペイン語ネイティブと一緒の状況ですね。

一度チャレンジしてみて問題なく理解していくことが出来る、もしくは多少わからない部分もあるが特に問題ないようであればそのまま進めましょう。

 

もし音声だけではほとんど理解できない、短い文章しかわからない等であればスペイン語字幕をつけて構いません。

長い文章が続くシーンなどで理解が追いきれない場合は、一度映画を止めながら繰り返し聞いてみたり単語の意味を調べたりしてみましょう。

 

映画でのスペイン語勉強法をおすすめする3つの理由

おすすめする理由①楽しみながら学ぶことができて継続しやすい

語学学習だけでなく、勉強全般において言えることは「楽しくなければ続かない」ということ。

この点において、映画での学習は怖いもの知らずです。

もちろんですが、映画学習をはじめるときは「よし、勉強しよう!」ではなく「よし、映画を観よう!」なんですね。

疲れて帰ってきたときや、なんだか机に向かう気力がわかないなんてときも大丈夫。

ソファやベッドに寝っ転がった状態ではじめることもできます。

そのうえそのときの気分に応じて内容を変えることも。

なんだかキュンキュンしたいなーっていうときは恋愛ものを見れますし、思いっきり笑いたいーっていうときはコメディものを見ることができます。

 

おすすめする理由②単語に想い出をつけくわえて学習できる

スペイン語の学習にもっとも必要なのは単語力

どのようにして自分の単語量を増やしていくかはすごく大事になってきます。

ここでちょっと比べてみましょう。

A.単語帳の中で見つけた1つの単語
B.映画の大事な場面で出てきたセリフの単語

Aは単語帳をペラペラとめくっていたら出てきた知らない単語。

Bは映画のクライマックスで主人公がヒロインの女性に告白をしたときに、相手からもらった返事に出てきた単語。

 

気になるのって間違いなく後者ですよね!!!

え!!ヒロインなんて言ったの!?良い返事だった!?気になるーーー!!!

そこですぐ単語を調べてみて、ヒロインの気持ちを知る。

すっきり!!!

涙もろい人なら調べてみて「よかったねえええ泣」なんて泣いてしまうかもしれません。

これほどの想いがあった単語、簡単に忘れられるでしょうか。(反語)

 

ましてまた別の機会で同じ単語に出逢ったとして、たとえ忘れていたとしても

あ、確かあのシーンで出てきたな…

と言った感じで、映画のシーンを手がかりに意味を思い出すこともできるんです。

単語を覚えるときはいかに印象づける工夫をするかが大事。

単語帳を使って勉強している人はすぐに手放して、映画を使って単語力を上げていきましょう。

 

おすすめする理由③単語の反復学習が自然とできてしまう

覚えた単語の定着に必要なのは、先ほど述べた印象づけ、そしてもう一つが単語の反復学習です。

一度きり覚えただけではなかなか記憶に定着せず、二度三度と繰り返し単語に出逢うことで記憶に定着していきます。

そしてなんと映画を使って単語を覚えると、この反復学習が自然とできてしまいます!

というのも映画の中で出てくる単語って繰り返し出てくることが多いんです。

ミステリー系であれば「疑う」とか「罪」とか、医療系であれば「手術」とか「入院する」とか、普段なかなか触れないような単語も繰り返し出てきます。

また日常を題材にした映画であれば、ちょっとした一言がいろんな映画で共通して出てくることがわかると思います。

スペイン人同士でよく使われるフランクな表現を何度も耳にすることができるんです。これはすぐに日常会話でも活かすことができますね。

 

まとめ:スペイン語の勉強法に映画を取り入れてみよう!

映画を使った勉強法ときくとリスニングが鍛えられるようなイメージですが、実際にはリスニングだけでなく単語力の向上やモチベーションの向上にも役立ちます。

繰り返し見ていって1つでも映画を字幕なしで見ることができるようになれば、それだけで大きな自信へと繋がります。するとさらにモチベーションが上がる。良い循環ですね。

 

わたしも使っているNetflixであれば言語オプションが多いので、日本でもスペイン語で見られるみたいです。

Mayu
日本版のNetflixにアクセスできないので確かめられず…

Netflixオリジナル作品の「ケーブルガールズ」というスペインドラマは、現地スペインでも人気なのでぜひ!

最初の1ヶ月は無料で体験ができます。

 

他にもHuluならスペイン語対応している作品も少しだけあるようです。

こちらも2週間無料で体験ができます。

 

2つとも試してみれば最大1ヶ月半無料でスペイン語勉強ができるので、一度試しにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

>>Netflix公式サイトはこちら

>>Hulu公式サイトはこちら

Muchas gracias por leer♡

別の勉強法もチェック!>>独学のスペイン語学習で単語帳を一切使わず、〇〇を使って勉強する3つの理由

関連記事>>本場で学んでわかった、スペイン語表現のおもしろさをまとめてみた

sponsored link






ABOUTこの記事をかいた人

スペイン在住のホペイロ(エキップメント)×ブロガー。 大企業を辞めスペイン語英語ゼロでバルセロナのサッカーチームに1人で乗り込み、マネジメント活動中。 現地スペインのサッカー情報、人生を楽しむ達人らとのラテン生活を発信。 九州女子。