【スペインの食べ物図鑑】日本人に人気なスペイン伝統料理を一覧で紹介!

こんにちは!スペイン在住で日々スペイン料理ざんまいのほぺまゆ(@Jope_Mayu)です。

スペインにはどんな食べ物があるんだろう?
スペイン旅行楽しみだなあ〜どんな料理が食べられるんだろう〜?

スペイン旅行には欠かせないグルメ。

日本にもスペイン料理屋さんがあるとはいえ、本場ではどんな食べ物があるのか気になるはず。

そこで本記事ではスペイン在住4年目のわたしが現地で食べられているスペインの食べ物や伝統料理を一覧で紹介します。

 

スポンサードサーチ

目次

<スペインの食べ物や伝統料理>スープ・煮込み料理

ガスパチョ(Gaspacho)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DeBoRaH (@deboiscooking)がシェアした投稿

ガスパチョは日本でも有名なので聞いたことがある人も多いはず。

スペインでは暑さをやわらげるための冷製トマトスープとして、夏によく飲まれます。

スーパーでも小さなパックで売られているので、食べ損ねた!という場合や冬だけど飲んでみたいという場合は買って試してみるのもよいかも。

サルモレホ(Salmorejo)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

María José García Rodríguez(@mariajosegarcia1981)がシェアした投稿

サルモレホも同じくトマトベースのスープ。

一見ガスパチョにも似て見えますが、より濃厚でどろっとしているのが特徴。

ガスパチョはサラサラしているのでコップに入れて飲むこともできますが、サルモレホは濃いスープなのでスープ皿に入れて食します

ガスパチョには含まれているパプリカやきゅうり、お酢がサルモレホには入ってないのも特徴。

サルモレホの上には小さく刻まれた生ハムやゆで卵が乗せられていることが多いです。

サルスエラ(Zarzuela)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

El Forner De Alella(@elfornerdealella)がシェアした投稿

サルスエラはスペインのブイヤベース。

お魚やえび、ムール貝、いかなどを煮込んだ魚介類のスープです。

スープとはいえ具だくさんなので、魚介類を食べているだけでお腹いっぱいになることも。

クリスマスでもしばしば食べられるスペイン料理です。

コシード(Cocido)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rosa Arnau(@me_gusta_comer_sano)がシェアした投稿

コシードはスペイン語で煮込み料理という意味で、ポトフのようなもの。

野菜やお肉、豆など豊富な食材を煮込んだものから、パスタやソーセージ、大きなミートボールのみを煮込んでスープを味わうものまで。

マドリードのコシード(コシード・マドリレニョ)は有名な伝統料理です。

カジョス(Callos)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Punta Anguila(@puntaanguila)がシェアした投稿

カジョスはスペイン風ホルモンの煮込み料理。

ベースのスープは少しピリ辛のものもあるので、辛いものが苦手な人は少し注意。

ホルモンを食べつつ、パンをスープの中につけて食べきるのがスペイン流の食べ方。

ファバーダ(Fabada)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GASTR0WINE(@gastr0wine)がシェアした投稿

ファバーダはインゲン豆を使った煮込み料理。

チョリソなどのソーセージと一緒に煮込まれるもので、スペイン・アストゥリアス地方から伝わった伝統料理です。

スペインで豆に苦しめられた想い出はこちら
海外生活を左右する!スペインのホームステイではどんな食事?

 

<スペインの食べ物や伝統料理>野菜料理

ピミエントス・デ・パドロン(Pimientos de padrón)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ça va couper chérie !(@lebistronomique)がシェアした投稿

ピミエントス・デ・パドロンはししとうを揚げて塩をまぶしたもの。

シンプルな料理です、一度ハマるとやみつきになります。ビールとの相性もバツグン。

たまに辛いししとうにあたることもあるので注意しましょう。笑

ほぺまゆ
わたしのお気に入りのスペイン料理です!!!

エスカリバダ(Escalivada)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nate Santa Maria(@onnates_plate)がシェアした投稿

エスカリバダはナスやパプリカのグリル野菜で、オリーブオイルや塩、にんにくなどで味つけしたもの。

スペイン料理では数少ないヘルシーな料理なので(笑)、旅行で野菜不足のときに食べると良いかも。

チャンピニョネス(Champiñones)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

miki(^ω^)♡(@miki020420)がシェアした投稿

チャンピニョネスはスペイン語でマッシュルームのこと。

写真のようなまるごとのものから、細切りにしたマッシュルームを炒めたものまでお店によってさまざま。

マドリードにあるメソン・デル・チャンピニョンの名物マッシュルームは日本人にも大人気。(上記写真)

マドリードに行ったらぜひ訪れてみては。

ほぺまゆ
わたしも一度行ってやみつきになりました!!

エンサラディージャ・ルーサ(Ensaladilla rusa)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ensaladilla Rusa(@ensaladilladiccion)がシェアした投稿

エンサラディージャ・ルーサは直訳するとロシアのサラダ。

なぜロシアの料理がスペイン料理の名物なの?というのが疑問ですが笑、

ほぺまゆ
ラーメンは元々中国のものだけど、もはや日本料理として有名みたいな感じかな?

中身はお店によってそれぞれ。

基本的にはじゃがいも、にんじん、ツナ、えんどう豆、ゆで卵、マヨネーズを混ぜたもの。

パタタスブラバス(Patatas bravas)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tip I Tapa(@tip_i_tapa)がシェアした投稿

パタタス・ブラバスはフライドポテトにブラバスソースをつけたもの。

カタルーニャ地方でよく食べられています。

ブラバスソースというのはお店それぞれで異なり、ちょっとピリ辛のものからマイルドなものまでさまざま。

ほぺまゆ
ちょっとしたおつまみの定番です!

トルティーヤ(Tortilla)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tortilléate(@tortilleate)がシェアした投稿

トルティーヤはスペイン風オムレツ。

じゃがいもをメインにしたもの、ほうれん草やズッキーニ、茄子やパプリカが入った野菜のオムレツまでお店によってさまざま。

半熟のものからしっかりと焼かれたものまであるので、食べ比べしてみるのも楽しいかも!

ほぺまゆ
わたし個人的には半熟の野菜オムレツがお気に入り

 

スポンサードサーチ

<スペインの食べ物や伝統料理>魚・海鮮料理

プルポ・ア・ラ・ガイェガ(Pulpo a la gallega)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Madrid Foodies(@madrid_foodies)がシェアした投稿

プルポ・ア・ラ・ガイェガはガリシア地方名物のたこ料理。

ゆでたたこにパプリカパウダーやオリーブオイルなどを振りかけたもの。

ガリシア地方だけでなくスペイン全土で食べられるのでぜひ!めちゃくちゃ美味しいですよ!!

ほぺまゆ
ガリシア地方のバルに行ったらメニューに『たこ』しか書かれてなくて笑った

カラマレス・ア・ラ・ロマーナ(Calamares a la romana)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bocateria Stadium(@bocateriastadiumtorrente)がシェアした投稿

カラマレス・ア・ラ・ロマーナは見た目の通りイカフライ。

カラマレス・フリトス(Calamares fritos)とも呼ばれます。

マドリードではボカディージョ(スペイン風サンドウィッチ)の具としてもよく食べられる料理です。

バカラオ・アル・ピルピル(Bacalao al pil pil)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Foodie Madrid(@wheretoeatmadrid)がシェアした投稿

バカラオ・アル・ピルピルはタラのオリーブオイル煮。

バスク地方の伝統料理として有名です。

ほぺまゆ
ついつい発音したくなりそうな名前!

アヒージョ(Ajillo)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Taberna 474(@taberna474)がシェアした投稿

アヒージョは日本でもおなじみのスペイン料理。

えびやマッシュルームをオリーブオイル漬けにして温かい状態で食べるもの。

ほぺまゆ
日本では有名ですが、スペインでは思った以上に日常的には食べられていないので見つけるのが難しいかも

ナバハス(Navajas)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

restaurante La Fustariega(@lafustariega)がシェアした投稿

ナバハスはスペイン語でマテ貝のこと。

マテ貝の鉄板焼き(Navajas a la plancha)は見た目以上に美味しいのでぜひ!

ボケロネス・フリトス(Boquerones fritos)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Roberto Morcuende Llave(@robertomorcuende)がシェアした投稿

ボケロネス・フリトスはイワシのフライ。

外はカリッと中はホクホクしていて、一度食べ始めるとなかなか止まらない味。

ボケロネス・エン・ビナグレ(Boquerones en vinagre)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Martin(@cocina_con_rock)がシェアした投稿

ボケロネス・エン・ビナグレはイワシの酢漬け。

バルのショーケースにもよく並べられていて、ついついお酒がほしくなる一品です。

ブニュエロス・デ・バカラオ(Buñuelos de bacalao)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Eva Oteros Trejo(@evaoteros7)がシェアした投稿

ブニュエロス・デ・バカラオはタラのフリッター。

スーパーには温めるだけでOK!みたいなものもあるので、買って夜ホテルでお酒のおつまみに食べるのも楽しいかも。

メヒジョネス・アル・ヴァポール(Mejillones al vapor)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Recetas De Escándalo(@recetasdeescandalo)がシェアした投稿

メヒジョネス・アル・ヴァポールはムール貝の酒蒸し。

白ワインで蒸されたムール貝は絶品です。食べたらわかる。これも止まらない。

カラコレス(Caracoles)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Maite Vallverdú(@tastam.cat)がシェアした投稿

カラコレスはなんとカタツムリ……!

トマトベースのスープで煮込まれたものがポピュラー。

カタツムリ食べるの?!と最初は衝撃ですが、意外と食べられます。笑

スペインのレストランで食事をするときは忘れずに
スペインではクレジットカード必須!知らなきゃ損する活用術とは?

 

<スペインの食べ物や伝統料理>肉料理

ハモン(Jamón)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Restaurante Taller de Tapas(@tallerdetapasbcn)がシェアした投稿

スペインといえばやっぱり生ハム!!

もはやこれを食べなきゃスペインに来たとはいえません。

日本で食べる生ハムとの違いに驚くはず。

コルデーロ・アサード(Cordero asado)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

El Chef Soy Yo(@el.chef.soy.yo)がシェアした投稿

コルデーロ・アサードは仔羊のロースト。

クリスマスなどのイベントごとで食べられることも多い料理です。

コチニーリョ・アサード(Cochinillo asado)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

saboresfera(@saboresfera)がシェアした投稿

コチニーリョ・アサードは仔豚のロースト。

こぶたさんのお顔部分も丸ごと焼かれて出てくることもあるので、ちょっと生々しいのは苦手……という人は注意。

チュレトン(Chuletón)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(@mos_agrade_menjar)がシェアした投稿

チュレトンは肉厚のビーフステーキ!

スペインでお肉が食べたくて泣きそうになったらぜひ!

ボリューム大なことも多々あるので、頼むときはシェアして食べるくらいがちょうどいいかも。

アルボンディガス(Albondigas)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

bonÀrea, perfil oficial(@bonarea.oficial)がシェアした投稿

アルボンディガスはスペイン風ミートボール。

トマトソースで煮込んだものが一般的。

ラコン(Lacón)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lourdes(@louloubienne)がシェアした投稿

ラコンとは豚のモモ肉を塩漬けして乾燥させたお肉のこと。

ポテトの上にのせて、パプリカパウダーとオリーブオイルをかけて食べるのが一般的です。

各種ソーセージ(Embutidos)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bar Canijo(@barcanijoalgodonales)がシェアした投稿

スペインでよく食べられるソーセージはこんな感じ。

  • チョリソ(Chorizo)……豚肉とスパイス、パプリカを使った赤みのあるソーセージ
  • モルシージャ(Morcilla)……豚の血を使った黒いソーセージ
  • フエ(Fuet)……白カビの乾燥ソーセージ
  • サルチチョン(Salchichón)……豚肉とスパイス(コショウやオレガノなど)を使ったサラミ
  • ロモ(Lomo)……ロース肉の塊をスパイスやパプリカで味付けして熟成乾燥させたサラミ

まだまだ種類はあります、、さすがハム・ソーセージ大国、、、

ほぺまゆ
好き嫌いがほとんどないわたしですが、モルシージャはちょっとクセがあって苦手、、

ブティファラ(Butifarra)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Marc Carbonell(@marcboines)がシェアした投稿

ブティファラはカタルーニャ地方名産のソーセージ。

ひき肉やスパイスを使ったもので、食べるときは焼いたりローストする必要があります。

ほぺまゆ
ブティファラと炒めた玉ねぎのボカディージョはめっちゃ美味しい!

クロケタ(Croqueta)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alberto(@alberto.lodos)がシェアした投稿

クロケタはスペイン風クリームコロッケ。

生ハムのコロッケやタラのコロッケ、ほうれん草のコロッケなど色んな種類があります。

ミニサイズなので小腹が空いたときに食べてみては。

お酒がほしくなってきた人はこちらもどうぞ
【スペインのお酒事情】現地在住者おすすめのお酒13種類を解説!

 

<スペインの食べ物や伝統料理>パスタ・ご飯もの

パエリア(Paella)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Simona Mirto Tavolartegusto.it(@tavolartegusto)がシェアした投稿

スペイン料理の大定番、パエリア。

海鮮パエリア鶏肉・うさぎ肉のパエリア野菜のパエリアまでさまざま。

スペインのバルやレストランでは木曜日がパエリアの日とされていて、日替わりメニューで出されることも多いので、食べるなら木曜日がおすすめ!

フィデウア(Fideuá)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

angelicabugiato(@docemanjericao)がシェアした投稿

フィデウアはお米のかわりに短いパスタを使ったパエリア。

アリオリソース(にんにく入りマヨネーズソース)と一緒によく食べられる、スペイン人にも人気のパエリア。

アロス・ネグロ(Arroz negro)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ramon ST(@loplaer)がシェアした投稿

アロス・ネグロはスペイン語で黒いお米という意味。

その名の通りイカ墨で黒く染められたパエリアのこと。

ちょっと変わり種を試してみたいという人はぜひ。

アロス・カルドソ(Arroz caldoso)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Restaurante El Águila(@elaguilarestaurante)がシェアした投稿

アロス・カルドソはスペイン語でスープのお米という意味。

魚介のスープがたっぷり入ったパエリアです。

パン・コン・トマテ(Pan con tomate)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Enrica Panariello(@chiarapassion)がシェアした投稿

パン・コン・トマテはカタルーニャ地方で食べられるパンの1つ。

パンに熟したトマトとにんにくを切って塗りつぶし、オリーブオイルをかけて食べる料理。

お店によってパン・コン・トマテは異なるので、食べ比べしてみては。

カネロネス(Canelones)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gordintxin(@gordintxin)がシェアした投稿

カネロネスは円筒状のパスタで中にひき肉やほうれん草、スパイスなどを詰め、ベシャメルソースをかけて焼き上げた料理。

イタリア料理として知られていますが、スペインでもよく食べられる身近な料理です。

 

<スペインの食べ物や伝統料理>その他

ピンチョス(Pinchos)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mimo San Sebastián(@mimosansebastian)がシェアした投稿

ピンチョスは小さく切ったパンの上にさまざまなトッピングがされた軽食のこと。

まさにインスタに載っけたくなるようなキュートさよ。。。

美食の街バスク地方サンセバスチャンは特にピンチョスが有名なので、グルメ好きはぜひ!(あそこは本当に心が高ぶる)

ほぺまゆ
バルセロナでもブライ通りに行けば、色んなお店のピンチョス食べ比べができますよ〜

ボカディージョ(Bocadillo)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Juanjo(@jj19852)がシェアした投稿

ボカディージョはバゲットの間に生ハムやチーズ、ロース肉やオムレツなどの具材を挟んだサンドウィッチのこと。

お昼ごはんや手軽な軽食としてよく食べられます。サッカー観戦時に持っていってハーフタイムで食べるのもスペインならではの伝統的な食べ方。

ほぺまゆ
カタルーニャ地方ではボカディージョのバゲットはパンコントマテにすることが大半!

カルソッツ(Calçots)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tastant Catalunya(@tastantcatalunya)がシェアした投稿

カルソッツはネギを丸ごと炭火焼きにし、カルソッツソース(もしくはロメスコソース)をつけてそのまま丸ごと一本食べる、カタルーニャ地方の冬の伝統料理。

もはや料理というより、一種のイベントのようなもの。

一度食べるとやみつきになって止まらなくなるので、冬のスペイン旅行を予定している方はぜひ!

ほぺまゆ
つい先日は大人6〜7人でネギ100本食べました

 

<スペインの食べ物や伝統料理>デザート・スイーツ

チュロス(Churros)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

loschurrosdelespañol(@loschurrosdelespanol)がシェアした投稿

チュロスは日本でもおなじみの揚げたパンにホットチョコレートをくぐらせて食べるスイーツ。

出来たてのサクサクチュロスは格別な美味しさ!

スペインに来たらチュロス屋さんで出来たてを試してみて!

クレマ・カタラナ(Crema catalana)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alioska Alessandro Mancosu(@alioska73)がシェアした投稿

クレマ・カタラナはカタルーニャ地方の名物スイーツ。

クレームブリュレにも似ていて、とろとろのカスタードの上にパリパリしたカラメルがトッピングされています。

フラン(Flan)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

La Terrassa de Bonanova(@laterrassadebonanova)がシェアした投稿

フランはスペイン風カスタードプリン。

フランと一緒に大量の生クリームが添えられて出てくることもしばしば。

アロス・コン・レチェ(Arroz con leche)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Amara Linero Gallardo(@amarathermomix)がシェアした投稿

アロス・コン・レチェはスペイン語でお米と牛乳という意味。

お米と牛乳を煮て、シナモンを上にトッピングしたスイーツです。

お米を主食として食べる日本人からすると、『牛乳と一緒にしたスイーツ?!』と困惑しそうですが、スペイン人にはわりと人気なよう。

ほぺまゆ
わたしはダメだった、、

タルタ・デ・サンティアゴ(Tarta de Santiago)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lara(@laria75)がシェアした投稿

タルタ・デ・サンティアゴはガリシア地方で有名なアーモンドケーキ。

聖ヤコブのケーキという意味で、ケーキの表面には聖ヤコブの十字を型抜いて粉砂糖がまぶされています。

トゥロン(Turrón)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Les Croquants(@lescroquants)がシェアした投稿

トゥロンはおもにアーモンドを使って作られるヌガー菓子。

柔らかいものから硬いものまで、チョコレートメインのものや卵黄・卵白メインのものまで種類はさまざま。

日持ちがいいので、お土産としても最適です。

 

まとめ:本場でスペイン料理を食べつくそう!

日本人の口に合うものが多いスペイン料理。

実際に住んでみてわかったのですが、日本のスペイン料理屋さんで食べるのとスペインで食べるのはやはり少し違いがあります。(手に入る食材も少し違いますしね)

スペイン旅行に来たら本場の味を食べつくしておきましょう!

Muchas gracias por leer♡

ABOUTこの記事をかいた人

スペイン在住のホペイロ(エキップメント)×ブロガー。 大企業を辞めスペイン語英語ゼロでバルセロナのサッカーチームに1人で乗り込み、マネジメント活動中。 現地スペインのサッカー情報、人生を楽しむ達人らとのラテン生活を発信。 九州女子。