サハラ砂漠の町メルズーガで泊まったおすすめのリヤドと砂漠ツアー

 

こんにちは、オフを満喫しているMayuです。

 

先日から2ヶ月のバケーションに入ったとお伝えしましたが、サマーキャンプにお声がけしてもらったので来週1週間だけ引き続きグラウンドに通います。

 

 

 

 

さてまだまだ内容盛りだくさんのアフリカ、モロッコの旅。

気づけば第5章に突入です。

 

 

 

前回はノマド民族のお話をさせて頂きましたが、あのツアーはオプションのようなものでお昼の2時頃に終了したものでした。

 

そのあとはいよいよ!

 

 

わたしのモロッコ旅のメインとなる、

 

ラクダに乗ってサハラ砂漠1泊2日ツアーです!

 

 

 

 

サハラ砂漠に泊まるツアーは色んな種類がありますが、わたしは今回こちらのツアーを選びました。

 

メルズーガにあるリアド•マムーシュの「ラクダに乗って砂漠1泊ツアー」。

(詳しくはこちらから)

 

 

 

理由はいくつかあります。

値段もお手頃(ツアー最安値ではありませんが、それほど最安値と変わらない価格!)

女性に優しい(トイレがついてある等、設備がしっかりしている!)

日本人に人気(日本語を話せるスタッフがいて安心、かつ1人旅で色んな出逢いをしたかったので!)

 

 

 

 

実は最初は最安値のツアーだった「Auberge Wilderness Lodge」(ワイルドネスロッジ)にしようと思っていて、ツアー予約のメールもしていました。

 

だがしかし、1週間ほど経っても返信がない…

 

こういったちょっと信用が薄れる点は宿泊先の環境にも何かしら影響があると思ったので、キャンセルを考えていました。(わたしは割と潔癖性なところもあるみたいなので…)

 

それにメールに気づかれていない等であれば、「わたしの運命の場所ではないのかもしれない」という予感もしていました。

 

 

そんなときにバルセロナでひょんなことから出逢ったフランス人の友人がモロッコを旅していたのを思い出し、お話を聞こうと思い逢うことに!

 

なんと話を聞いてみると、彼の姉妹2人がモロッコに嫁いでいて暮らしているとのこと。(しかもメルズーガの隣町!)

 

その上、彼の友達は日本でモロッコ料理屋さんを経営していると言い出したのです。そしておもむろにその友達に電話をし始めました。

 

電話に出てくれて、速攻で私に代わられました。笑 

お友達の名前はモハさん。

日本でお店をやっているので、日本語も特に問題ありません。

 

 

そして詳しく話を聞いてみると、、

彼のやっているお店は東京の飯田橋にある「タジンや」さん…

 

なんと、リアド•マムーシュの系列店でした!

 

 

日本人向けにモロッコ旅行のご相談等もされているモハさん。

ツアー予約のキャンセルを考えていたときに、ここのホームページを見て問い合わせを入れようか考えていたところでした。

 

 

そんな相手とまさか友人を通じて電話出来るなんて…笑

しかもとっても優しい。

 

 

相変わらず自分の運の良さに驚きつつ。

これはきっと運命だ!と思い、ここの宿のツアーに決定したのでした。

 

 

 

後日色んな方から話を聞いてみると、ワイルドネスロッジは以前人気だったが最近は評判が落ちているとのこと。オーナーの方がお酒絡みで少しトラブルを起こしていたことなど聞いたので、改めて変更してよかった〜と思いました。

 

 

他にもマラケシュで予約できるツアーなどもあるみたいですが、圧倒的に価格が高いです。。桁が1つ違ったり。マラケシュ経由でメルズーガに向かう方からお話を聞いて、少し驚きました。

 

 

 

そんなこんなで私が選んだリアド•マムーシュの様子を少しご紹介します。

 

わたしは諸事情で隣町のRisani(リサーニ)に着いたので、そこからはタクシーで向かいました。基本的にメルズーガまでバスで来た場合は、リアドの方がお迎えに来てくれるみたいです。(メルズーガまではCTMバスは運行していないので注意!)

 

リサーニからメルズーガまでの移動はひたすらこんな道を走りました。

ラクダの群れが歩いてました。

 

 

朝5時6時とかだったので、朝日が綺麗でした。

 

 

到着した際に使ったタクシー。

 

運転手さんは英語もスペイン語もわからなかったので、そのとき覚えていた片言のアラビア語で会話しました。名前をやっと聞けたくらい。笑

 

 

リアド•マムーシュに到着です。

 

 

中は中央にプールがあって、周りに各部屋があります。

 

 

 

わたしはここのリアドに泊まるわけではないので、食事スペースの隣のソファーがたくさんある休憩スペースで休みました。コンセントもたくさんあるし、Wi-Fiもしっかりしているので快適です。

 

 

わたしが行った時期は2月中旬だったので、卒業旅行で来ている日本の大学生もたくさんいました。

その他にも1人旅で来ているわたしのような日本人もたくさんいて、15人ほど参加したツアーのほとんどは日本人でした。

 

せっかく海外に来ているんだから、日本人とは出逢いたくない!という方には不向きかもしれませんが、1人旅で色んな日本人と出逢いたいという方にはおすすめです。もちろん1人旅等に限らず、日本人に出逢って安心したいという方にもおすすめ。

 

 

朝に到着すると、シャワーを使わせてくれました。バスタオルとシャンプー(なんとパンテーン)、身体を洗う小さな石鹸は無料で一緒にくれました。

 

ドライヤー等はなかったので、必要な方は持参されることをおすすめします。

 

そのあと希望される方は別途費用を払えば朝食も食べさせてくれます。(確か50DHだったかな?)

 

 

あとはツアーの出発時間まで自由です。

 

わたしは前回の記事でも書いた砂漠一周ツアーに参加しました。

 

 

 

こちらの砂漠一周ツアーはノマド民族を訪れるだけでなく、他にもたくさんの見所があったので、また別の記事にしようと思います。

 

 

 

長くなってきたので、砂漠1泊ツアーの詳細は次の記事でご紹介します!

 

Muchas gracias por leer♡

 

under-pc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

2016年に大手通信企業を退職し、夢を抱いて単身スペインへ。“とにかくやってみる“を基本に、自分なりにできることをチャレンジ。サッカーをこよなく愛する。スペインにとどまらずヨーロッパへの一人旅も。見た目は子ども、頭脳は体育会系のなでしこジャーニー。