【最大38%割引!】スペインの医療保険はこちら>>

【スペイン旅行の持ち物リスト】現地で必要なものや準備は?バルセロナ在住者が解説

当サイトの記事内には広告が含まれています。

スペイン旅行に必要な持ち物は?

スペインに持って行ってよかった便利グッズは?

スペイン旅行を楽しく過ごすために、持ち物は万全に準備しておきたいですよね。

もし忘れ物をしてしまったら、どこで売っているのかわからないしスペイン語もわからないから簡単には購入できません。

そこで本記事ではスペイン在住8年目の筆者が、スペイン旅行に必要な持ち物と準備をリスト形式で解説します。

本記事の内容

  • スペイン旅行の持ち物:機内持ち込み手荷物
  • スペイン旅行の持ち物:スーツケースの預け入れ荷物
  • スペイン旅行の持ち物:季節もの
  • スペイン旅行用バッグ・スーツケースの選び方
  • スペイン旅行用の荷物を準備するときの注意点

本記事の信頼性

この記事を書いた人

ほぺまゆ

目次

スペイン旅行の持ち物:機内持ち込み手荷物

貴重品

パスポートとコピー

初めて海外に行くもしくは長い間海外に行ってない人はパスポートの発行が必要です。

パスポートの発行は種類や自治体によって異なりますが、申請から受け取りまで約2〜3週間かかります。

パスポートは有効期限に余裕があるか確認しておきましょう。

スペイン旅行の日程がパスポートの有効期限ギリギリの場合は、新しいパスポートを再発行しておくのがおすすめ。

有効期限ギリギリのパスポートが危険な理由

  • そもそも出入国が認められない場合がある
  • 病気やケガによりスペイン滞在が延長してしまう可能性がある
  • 台風など不慮の事態でフライトキャンセルし、帰国が遅れる可能性がある
  • 盗難被害でパスポートを紛失し、再発行に時間がかかる場合がある

スペイン旅行中に外を出歩く際は、紛失を防ぐためにもパスポートのコピーを持ち歩きましょう。

ロストバゲージや盗難に遭うことも考えて、スーツケースやリュックなどそれぞれの荷物にパスポートのコピーを1部ずつ入れておくと安心です。

海外旅行中にパスポートを失くしたらかなりめんどくさいですよ

スペイン旅行にビザ(査証)は必要?

スペインへの旅行期間が3ヶ月以内であれば、ビザ取得不要で入国・滞在可能です。

2025年以降はETIAS(ヨーロッパ旅行情報認証システム)が義務化され、事前に入国許可の申請が必要です。

航空券

旅慣れている方であれば航空券はスマホ内のオンラインチケットで十分ですが、不安な方は航空チケットや旅程表を印刷しておきましょう。

スマホの充電が切れてしまったときや、ネット接続が悪いときにオンラインチケットは不便です。

またスペイン以外のEU圏内の国を経由する場合、ヨーロッパへの入国審査で最終目的地を尋ねられます。

英語が苦手な人は航空券を印刷した紙を持っておけば、入国審査官と会話しやすくなりますよ。

現金(現地通貨と日本円)

スペインの現地通貨はユーロです。

スペイン到着後でも日本円からユーロへ両替できますが、現地の両替レートは日本と比べて圧倒的に悪いです……。

そのため事前に日本でユーロを準備しておく方がかなりお得!

極端にいえば3万円を払って200ユーロもらうか、250ユーロもらうかの違いです

日本出発前に空港で外貨両替をすることもできますが、空港の両替所はレートがあまり良くないので、大黒屋などの外貨両替ショップで事前に両替しておきましょう。

またスペインで現金が足りなくなったときと、帰国時のために日本円もある程度用意しておくと◎。

クレジットカード

海外旅行者なら誰もが持っているクレジットカード。

すでにクレジットカードを持っている方も、「海外ではなぜか使えなかった……」という場合もあるので、複数カード持っておくと◎。

わたしもなぜか楽天カード使えなかった……なんてことがありました

スペイン旅行にクレジットカードが必須な理由

  • 現金を持ち歩かなくて済む
  • 現金が足りなくなった場合にATMでキャッシングできる
  • 海外旅行保険を利用できる
  • 空港ラウンジを利用できる(一部クレジットカードのみ)
  • 荷物の空港宅配サービスを利用できる(一部クレジットカードのみ)
  • ホテルチェックイン時にデポジットとして必要になる
スペイン旅行におすすめのクレジットカード

スペイン旅行でクレジットカードを使うときの注意点は?

スペインはスリなどの盗難が多く大量の現金を持ち歩くのはかなり危険なので、支払いはクレジットカードで済ませるのが得策。

路面店やちょっとした買い物は現金で、レストランやショッピングではクレジットカードというように使い分けましょう。

路面店など信用しにくいお店でむやみにカードを使うのはNG。

カードを利用するときはスキミング防止のために、目の前で決済手続きをしてもらうようにしましょう。(カードを店の奥など見えないところに持って行かれると危ないよ)

海外旅行保険

海外旅行をするときは海外旅行保険が必須です。

何が起こるかわからない海外旅行。慣れない食べ物でお腹を壊して病院行きになることも少なくありません。

日本の病院とは違い、海外の病院では何十万とお金がかかってしまうことも。

わたしの友人は海外の行く先々で病院にお世話になったらしい

また海外旅行中にスマホや時計などの貴重品を紛失してしまった場合、海外旅行保険を利用すれば補償としてお金をもらえます。

スペイン旅行の海外旅行保険は、クレジットカード付帯の保険をいくつか用意しておけば十分です。

クレジットカードを複数持っておくと、海外旅行保険の補償額は合算されます

ポケットWi-Fiもしくは海外用SIM

言葉もわからない土地勘もない場所を旅するにはインターネットが不可欠です。

スペインで出会ってきた日本人旅行者はみんなポケットWi-Fiを所持してました

使う日数によって料金が変わるので、旅行の前日もしくは当日に空港などで受け取れるよう手配しておきましょう。

おすすめの海外Wi-Fiレンタルサービス
  1. グローバルWiFi ……利用者数6年連続No.1の人気Wi-Fiレンタルサービス
  2. WiFiBOX ……すべて非接触で受取できる、価格が格安のWi-Fiレンタルサービス
  3. jetfi ……電話かけ放題オプションで国際電話が使えるWi-Fiレンタルサービス

よく海外に行く人やWi-Fiルーターを持ち歩くのが面倒な人は、海外ローミングができる格安SIMに替えるのもおすすめです。

ahamo楽天モバイルを利用すると、海外ローミングの追加料金がないのでお得ですよ。

日本にいるときと同じようにスマホを使えるので便利です

スペインでWi-Fiはどのくらい普及してるの?

スペインでは多くのバルやカフェでWi-Fiが提供されています。(入り口付近にWi-Fiマークが表示されているので確認可能)

街にも公衆Wi-Fiが飛んでいますが、接続状態はあまり良くないことがほとんど。

スペインのフリーWi-Fiに頼るべきではない理由

  • 旅行中に何度もWi-Fiを探すハメになり、無駄な時間を使ってしまう
  • Wi-Fi接続しても安定しない・通信速度が遅いなどでイライラする
  • 道に迷ったときにすぐ位置情報を確認できない
  • Wi-Fiを使うためのカフェ利用などでお金がかかってしまう
  • 使うたびに接続するのが面倒

毎度接続する手間も省けるので、ポケットWi-Fiや海外用SIMを持参しておきましょう。

スペインのWi-Fi事情とインターネット利用方法は、こちらの記事スペインで海外Wi-Fiレンタルは必要?バルセロナ在住者がインターネット事情を解説を参考に。

スマホ・タブレット・PC

スペインでは英語があまり通じないので、事前に翻訳アプリや会話帳アプリを入れておきましょう。

バルセロナ旅行予定の方は『Barcelona Metro』という乗り換え案内アプリがおすすめです。オフラインで使えて、地下鉄の乗り換え方法や所要時間を教えてくれます。

Barcelona Metro Map & Routing

Barcelona Metro Map & Routing

Mapway Limited無料posted withアプリーチ

カメラ

せっかくのスペイン旅行、ガウディ建築やスペインサッカーを高画質で撮影するために良質なカメラを持参しましょう。

スペイン滞在中はデータをこまめにバックアップしておくと安心です。

移動時や機内で使うグッズ

ネックピローやアイマスク

スペインへの行きは深夜フライトを利用するのでがっつり寝たい……

長時間フライトを寝て過ごしたい人は、ネックピローやアイマスクなどの快眠グッズを持参しましょう。

特にネックピローは座ったまま眠るのに超便利。

首を痛めてその後の旅行に支障をきたさないよう、あらかじめ準備しておきましょう。

浮き輪のように空気を入れて使うタイプなら、荷物を減らせるのでおすすめ!

スリッパ

機内で快適に過ごすには、スリッパを持っておくと便利です。

スペインのホテルには部屋にスリッパが用意されていないので、室内用シューズとしても使えます。

常備薬・湿布

慣れない食事で胃の調子が悪くなることもありますし、気候の変化で体調を崩す場合もあります。

海外の薬を買って使うのは大変なので、安心感のある日本の薬を常備しておきましょう。

持っておくべき常備薬の例

  • 胃腸薬
  • 風邪薬
  • 花粉症用の薬
  • 酔い止めの薬
  • 二日酔いに効く薬

ちなみにスペインまでの長時間フライトや観光で長時間歩いたことにより、身体がバキバキになってしまうことも。

湿布を持っておくと疲れが取れて、快適な旅行が楽しめますよ。

わたしがスペインに着いたときは長時間のフライトと荷物の多さで肩や背中がバキバキになり、1ヶ月ほど苦しみました。。

消毒用アルコールジェルやウェットティッシュ

スペインでバルやレストランに入っても、おしぼりは出てきません。

お店に入ればトイレで手を洗うこともできますが、食べ歩きのときや移動時には不便です。

持ち歩きに便利な小さい手ピカジェル(手指消毒用アルコールジェル)は筆者自身もスペインで愛用中。

他にもトラベル用のウェットティッシュなど、バッグにいれておけばさっと使えるので役立ちます。

歯ブラシ・歯みがき粉

歯ブラシはホテルにあるから大丈夫!と思いきや、意外と長距離フライトや観光中に必要になります。

スペインの歯ブラシはなぜかブラシ部分が大きく、日本サイズで慣れているわたしたちには使いにくいことも。

自分用の歯ブラシと歯みがき粉を持っておきましょう。

JALでスペインから日本に帰ったときは歯ブラシが用意されてたけど、それ以外の航空会社のフライトはありませんでした

USB充電器・モバイルバッテリー

旅行中はこまめに携帯やカメラの充電ができないことも多いので、モバイルバッテリーを持っておくと安心です。

飛行機に搭乗するときの預入荷物にはバッテリーを入れられないので、手荷物の中に入れて持ち運びましょう。

またUSB充電器を持っておくと、空港での待ち時間に充電できますよ。

南京錠

スーツケースやバックパックだけでなく、ミニバッグにもこまめに南京錠で閉じておくと安心です。

南京錠はこんなときに便利!

  • 機内で荷物を置いてトイレに行くとき
  • ホテルの部屋に荷物を置いて出かけるとき
  • 貴重品が入ったかばんのファスナーに鍵をつけたいとき

スペイン旅行中、ホテルの部屋に荷物を置いている間に清掃の人が入っていた……なんてことも。

防犯意識はしっかり持っておきましょう。

変換プラグ

カシムラ(Kashimura)
¥480 (2024/06/14 15:43時点 | Amazon調べ)

スペインのコンセント・プラグは丸型のCタイプもしくはSEタイプ。(Cタイプは古く、SEタイプは新しい)

わたしはPCやスマホの充電器など日本のものを変わらず使用していますが、Cタイプの変換プラグでも全く問題ありません。

変換プラグは100円ショップでも買えますが品質はイマイチ。

「旅行中使えなくなった……」なんてことにならないよう、家電量販店やアマゾンで買った方が安心です。価格はそれほど変わりません。

スペインでも買えますが、空港トランジットの間でも必要になるのであらかじめ用意しておきましょう

サングラス

日差しの強いスペインでは、移動中もサッと使えるよう手荷物にサングラスを入れておきましょう。

筆者自身も日本では全く使用していませんでしたが、スペインに住み始めてから必須になりました。

カッコつけちゃってるかな?とか考えるよりも先に、『目を守りたい…』が切実にやってきます

スペイン旅行の持ち物:スーツケースの預け入れ荷物

必需品

洋服・下着・靴下

スペイン旅行の時期にもよりますが、あまり荷物を増やしたくないなら最低でも3日分程度でOK。

洗濯機が用意されているホテルもありますし、街のいたるところにコインランドリーがあるので洗濯には困りません。

コインランドリーは洗剤も付いているので、服だけ持っていけばOK 

できるだけ洗濯したくないなら、使い捨ての紙ショーツを使うのも便利です。

日焼け止め

スペインの日差しはかなり強めなので、日焼け止めを使わないとやられます。

特にバルセロナは晴れの日が多く、雨はほとんど降りません。

現地でも購入可能ですが、使い慣れた日焼け止めの方が肌トラブルや付け心地の悪さを回避できます。

わたしは1年中使用してます

あると便利なアイテム

シャンプー類

スペインの水は硬水なので、髪がギシギシになってしまうことも。

使い慣れたシャンプーやコンディショナーを持っておけば安心です。

ただ日本のシャンプーは軟水に合わせて作られているので、海外の水とは相性が良くないことも。

ホテルに用意されている場合は試してみてもOK

また洗顔やクレンジングは、日本とスペインでは大きく異なります。

スペインの洗顔は基本的にコットンでの拭き取りで終了。硬水は肌に良くないので、泡立てて水で洗う文化はありません。

現地で泡洗顔タイプは購入できないので、あらかじめ持参するのがおすすめです。

折りたたみ傘や雨具

スペインには日本のように梅雨はありませんが、4月と10月は雨が多い月と言われています。

また地域によっても異なり、スペイン北部やマドリードは雨が降りやすいことも。

バルセロナは快晴がほとんどですが、たまに突発的な雨が降ることもあるので折りたたみ傘や雨具を準備しておきましょう。

フード付きのジャケットも便利です

携帯用ウォシュレット

日本のトイレは綺麗で設備も揃っていますが、スペインのトイレは全体的にあまり綺麗でなくウォシュレットもありません。

ウォシュレットがないと不安な人は、携帯用ウォシュレットを持参すると安心ですよ。

女性向けアイテム

化粧品

海外旅行では写真を撮る機会がたくさんありますよね。

少しでも写真映えするよう、メイク用品は忘れず持って行きましょう。

また街中をすっぴんで歩いても全く問題ありませんが、高級レストランではマナーとしてお化粧をしておくと◎。

スキンケア用品

スペインは内陸に行くとかなり乾燥している気候なので、スキンケア用品は必須です。

スペインでは日本のようなクレンジング・洗顔・化粧水・乳液というスキンケア習慣がありません。

スペインで定番のスキンケア手順

  1. 化粧落とし用のクリームをコットンに付けてメイクを落とす
  2. 拭き取り化粧水をコットンに付けて顔に残ったクリームを拭き取る
  3. 保湿クリームを塗布する

スペインの硬水はあまり肌によくないため、水を使ってじゃぶじゃぶと洗い流す習慣はありません。

また朝にシャワーを浴びる人が多いので、夜はメイクを落としてクリームを塗って終わり

普段使い慣れているスキンケア用品を持参するのがおすすめです。

生理用品

突然生理が来てしまった!というときに準備しておきたい生理用品。

スペインのスーパーでも売られていますが、スペイン語がわからなければどれを選べばいいのか難しいはず。

日本の紙製品はスペインに比べてとっても柔らかいので、使い慣れた生理用品を持っておきましょう。

スペイン旅行の持ち物:季節もの

夏(6月〜9月)

水着やビーチアイテム

夏にスペインでビーチバカンスを楽しみたいなら、水着などのビーチアイテムを準備しましょう。

スペインでは4月頃から8月末や9月初旬まで海を楽しめます。

スペインでビーチに行くときの持ち物リスト

  • 水着……日本では着れないような派手な水着に挑戦するのもアリ!
  • タオル……普通のタオルに加えて、セームタオルも持っておくと便利!
  • 大きめの布……ビーチでくつろぐためのシート、みんなタオルや大きい布などを敷いてます
  • サングラス……ビーチだけでなく観光でも必須
  • 日焼け止め……スペインの太陽はもはや痛いです
  • パラソル……現地でも10€程度(約1,200円)〜で購入可能
  • 飲み物……熱中症対策のためにも、飲み物は必ず持参しましょう
  • 軽食……ボカディージョ(スペイン版サンドイッチ)を海で食べると現地の人っぽくなります
  • 浮き輪や水中マスクなど……水中マスクがあれば魚も見えますよ
  • 南京錠……荷物を置いて泳ぎに行くときに安心

スペインで海を楽しみたいなら、こちらの記事【スペインの海】バルセロナから行けるビーチ7選!おすすめリゾート地は?でも詳しく解説しています。

薄いスカーフや上着

夏の暑い日でも冷房が効いた空間に入ると、肌寒くて薄いスカーフや上着が重宝します。

また教会などの神聖な場所では、ノースリーブなどの肌を露出した格好の人は入場を認められないことも。

薄いスカーフや上着があればサッと肌を隠せるので、観光中も便利です。

冬(12月〜3月)

ホッカイロ

スペインには残念ながらホッカイロは売っていません。

マドリードやスペイン北部は冬が厳しい寒さになるので、ホッカイロをいくつか準備しておくと安心です。

冬にサッカー観戦を楽しみたい人も、屋外の観客席は寒さが辛いこともあるので便利ですよ。

ビーチサンダル

冬のスペイン旅行はブーツやスニーカーで移動することが多いので、ホテルの部屋用にビーチサンダルを用意しておくと◎。

スペインのホテルは日本と違い、各部屋にスリッパは用意されていません。

飛行機の機内で使うスリッパと兼用すると、荷物も少なくて済みます。

スペイン旅行用バッグ・スーツケースの選び方

スーツケースのサイズ選びは1泊=10Lが目安

スーツケースのサイズは「1泊=10L(リットル)」を目安に、スペイン旅行の泊数で決めましょう。

滞在日数大きさ・容量
4〜6日50〜70L
1週間〜10日70〜90L
10日〜2週間100L〜
2週間以上110L〜
スーツケースの大きさ選び

預け入れ荷物のスーツケースは汚れることが前提

日本から複数の空港を経由してスペインに到着するので、海外のトランジット間で必ずスーツケースは汚れてしまいます。

汚れが気になる人はあらかじめ対策しておきましょう。

  • 汚れにくい材質を選ぶ
  • 汚れが目立たない色を選ぶ
  • 出発空港でスーツケースに保護カバーをつけてもらう

街歩きは肩かけ型orリュック型のミニバッグ

スペインではスリやひったくりなどの盗難が非常に多いので、ハンドバック型はおすすめしません。

斜めがけできるタイプやリュック型で、ファスナーで全て閉じられるミニバッグを持っていきましょう。

地下鉄の中など人が多いところではカバンを身体の前にして持ちましょう

スペイン旅行用の荷物を準備するときの注意点

ロストバゲージの可能性を考慮する

ヨーロッパへ行く長時間フライトでは、預け入れ荷物が紛失するロストバゲージに遭うことが珍しくありません。

特に夏やクリスマスなどのバケーションシーズンになると、フランクフルト空港やロンドンのヒースロー空港は危険です。

スーツケースがなくても数日間は過ごせるよう、機内持ち込み手荷物に必需品を入れておきましょう。

機内持ち込み手荷物に入れておく持ち物の例

  • 少量の下着や靴下などの着替え
  • 毎日飲んでいる薬
  • 1DAYのコンタクトレンズ

持ち込み禁止品をチェックする

スペインに持ち込んではいけない禁止品や別途申請が必要な免税品など、税関審査に引っかからないか確認しておきましょう。

スペインに持ち込み禁止の品目

  • 肉及び肉加工品(ハム、ソーセージ等)
  • 乳及び乳製品(ただし乳児用粉ミルクや乳児用食品は除く)
  • 動物成分が食品中に含まれる産品1kg以上(非商業的な輸入の場合)
在スペイン日本国大使館 -日本から食料品をスペインへ輸入する場合の注意事項-

貴重品を1つにまとめない

ロストバゲージやスリなどの盗難被害に遭ったときのために、貴重品は分けて持っておくと安心です。

  • 現金を封筒や古い財布に分けて各カバンに入れておく
  • 複数のクレジットカードをカバンごとに分けて持っておく
  • パスポート原本とは別にコピーを各カバンに入れておく

日本人旅行者はスペインで盗難被害によく遭います。

これでもかというくらいに予防線を張っておくと、万が一のときに助かりますよ。

まとめ:スペイン旅行に必要な持ち物は余裕を持って準備しよう

スペイン旅行に必要な持ち物について解説しました。

機内持ち込み手荷物:貴重品

  1. パスポートとコピー
  2. 航空券
  3. 現金(現地通貨と日本円)
  4. クレジットカード
  5. 海外旅行保険
  6. ポケットWi-Fiもしくは海外用SIM
  7. スマホ・タブレット・PC
  8. カメラ

機内持ち込み手荷物:移動時や機内で使うグッズ

  1. ネックピローやアイマスク
  2. スリッパ
  3. 常備薬・湿布
  4. 消毒用アルコールジェルやウェットティッシュ
  5. 歯ブラシ・歯みがき粉
  6. USB充電器・モバイルバッテリー
  7. 南京錠
  8. 変換プラグ
  9. サングラス

スーツケースの預け入れ荷物:必需品

  1. 洋服・下着・靴下
  2. 日焼け止め

スーツケースの預け入れ荷物:あると便利なアイテム

  1. シャンプー類
  2. 折りたたみ傘や雨具
  3. 携帯用ウォシュレット

スーツケースの預け入れ荷物:女性向け

  1. 化粧品
  2. スキンケア用品
  3. 生理用品

季節ものの持ち物:夏(6月〜9月)

  1. 水着やビーチアイテム
  2. 薄いスカーフや上着

季節ものの持ち物:冬(12月〜3月)

  1. ホッカイロ
  2. ビーチサンダル

もし忘れ物があっても現地で購入できるものはたくさんあるので、最低でも貴重品だけは忘れないようにしましょう。

特にクレジットカードや海外旅行保険は現地で手配できないので、出発前の事前準備が大切です。

手配に時間がかかるものは余裕を持って、準備を始めましょう。

スペイン旅行におすすめのクレジットカード

Muchas gracias por leer♡

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次