最近のわたしの生活<入団以来チーム初勝利!>

 

こんにちは、体調がよろしくないMayuです。

 

スペインで何かのアレルギーにでもなったのかな?っていうくらいくしゃみや鼻水が止まりません。スペインはほこりが多いからかな〜、何かの花粉があるのかな〜とか色々考えたり。特に何もないことを祈ります。

 

 

今日はちょっと日記のような記事を書こうと思います。
最近は情報記事が多かった気がするので。

 

 

昨日はわたしのチーム試合がありました!
2つの年代のチームを持っているのですが、そのうちの1つ、12歳前後の子どもたちのチームです。日本でいうと小学5•6年生が集まったチームといった感じです。

 

スペインではこの年代の子どもたちまでが7人制のサッカーをします。グラウンドの大きさも通常の半分のサイズ。15分×4本で試合をします。

 

最近はあまり調子が良くなくて、引き分けや負けが続いていたのですが、昨日わたしが入団以来初の勝利を勝ち取りました!やった!9対2で大勝を収めることができました!パチパチパチ

 

やっぱり勝った試合のあとは雰囲気が良くていいですね。コーチもあまり怒らなくて安心。残り半月ほどの今シーズン、たくさん勝利を積み重ねていきたいです。

 

 

スペイン人は試合観戦中などからもわかる通り、感情は思いきり全面に出していく人が多いです。そのため試合中の声は本当にすごい。コーチはもうピッチにほとんど入って指示したり罵声を飛ばしたりします。観客席からもかなりの声が飛んできます。最初に見たときは、もうなんでもありやな〜と。
そして悪口の質もひどい。笑 たまにテレビで取り上げられるときはピーが入ったり「p***」といった感じで隠されたりします。

 

こういうこともあって、審判の人もやりづらいだろうなあと少し同情してしまいます。以前トップチームが試合をしているとき、審判の判断に対してベンチや観客席から文句がたくさん飛び交い、荒れた試合になったことがありました。選手にレッドカード、監督にもレッドカード、ベンチにいた選手にもレッドカード。退場の嵐でした。そして最終的に試合の途中で、審判が試合を放棄して帰ってしまったことがあります。ここまでさせるスペイン。さすがです。笑 そのときの写真はこちら。(遠目からの撮影で見にくくてすみません…)

 

審判がロッカールームに閉じこもって鍵をして、ノックをしても応じないという状況でした。試合は中断して、別日に延期になりました。

ここまでサッカーに対して熱くなれるラテン人気質、日本にも少し分けてもらいたいくらいです。

 

 

そんなこんなでわたしの週末は大体サッカーに左右されています。試合次第で変わってくるので、試合のない日はフリーといった生活です。それも今シーズンが終わるまでなので、6月以降のシーズンオフは未定ですが。フリーの日は友人と遊んだり、こうしてブログを書いたりしています。

 

平日も午前中は学校で午後や夜にサッカーの練習といった流れが基本的です。今は学校もプライベートレッスンに変更して会話練習を中心にしているので、短時間で終わります。そのため空き時間が多いので、IT系(WEB)の勉強をしたり、次にチャレンジしようとしている仕事の準備をしたり、スペイン語の学習に充てたりしています。まだまだ勉強不足を痛感する毎日ですが、新しい自分に出逢えるような気分がしてワクワクしています。

 

 

海外にいるとやはり「語学」と「IT」の2分野に強くならないといけないなと感じます。パソコンとネット環境さえあればビジネスも作れるような世界になってきたので、少しでも自分がこの世界に入っていけるよう奮闘中です。情報リテラシーをあげて、機械に疎い自分を克服します!

 

 

今日5/14、日本は母の日なんですね。
スペインの母の日は先週の日曜日で、時期的にも日本と一緒だと思っていました。母親にも先週連絡を入れたのですが、1週間ずれてるよと突っ込まれもせず気づきませんでした。教えてくれても良かったのに。。笑
そしてこのブログの記事でも先週間違えて書いてました。恥ずかしい。
まあ感謝はしすぎて良くないことはないと思っているので!

お母さん、いつもありがとう!

 

Muchas gracias por leer♡

 

under-pc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

2016年に大手通信企業を退職し、夢を抱いて単身スペインへ。“とにかくやってみる“を基本に、自分なりにできることをチャレンジ。サッカーをこよなく愛する。スペインにとどまらずヨーロッパへの一人旅も。見た目は子ども、頭脳は体育会系のなでしこジャーニー。