愛を伝える文化はここから?スペイン伝統のサン•ジョルディの日




 

感情をストレートに伝える習慣を持つスペインの人々。

愛情表現もストレート、いかにも欧州のラテン国家といった感じです。

 

そんなスペインのカタルーニャ地方には「サン•ジョルディ(Sant Jordi)の日」というものがあります。

毎年4月23日に男性が愛する女性に1本の薔薇を送り、女性はお返しの1冊の本を送ります。この日はユネスコで「世界 本の日」に制定されています。現在は「世界図書•著作権デー」という名前で制定されているようです。

この「サン•ジョルディ(Sant Jordi)の日」はカタルーニャの守護聖人である騎士サン•ジョルディの伝説に基づいているといわれています。

スペインの友人に聞いた由来を少しお話します。ある街に獰猛なドラゴンが現れ、落ち着かせるために住民は街の牛や豚などの家畜や食料を与え続けたそうです。しかし食料も底を尽きてしまい、次にドラゴンの餌となるのが人間となってしまいました。犠牲になる人間を選んでいくため抽選がおこなわれていましたが、その際王女が選ばれてしまいました。そこで捕らわれようとしたときに騎士サン•ジョルディが現れ、ドラゴンを槍で刺し退治しました。槍で刺したときにドラゴンから流れた血が赤い薔薇に変わり、その薔薇を王女にプレゼントしたというのが由来です。

 

 

とてもロマンチックで素敵なお話です。

 

この日はバルセロナにある世界遺産のガウディ建築「カサ•バトリョ」も「サン•ジョルディ」仕様で薔薇のデコレーションがされていました。

 

 

バルセロナの中心部では至るところで薔薇の花や本が蚤の市のように売られていました。今年は日曜日ということもあってか、通りは人で溢れ返っていました。

 

ここバルセロナには頻繁に何かの祝祭日や記念日等があり、色んな行事を楽しむことができます。日本でも是非この祝祭日を取り入れて、愛を伝える機会を増やすと楽しくなるのではないでしょうか。愛を言葉にはしない日本人男性にとってはなかなか慣れないかもしれませんね。

 

しかし2月14日にバレンタインデーがあり、3月14日にホワイトデー、4月23日にサンジョルディの日となると、毎月プレゼントで忙しそうですね。。ちなみにホワイトデーの習慣はスペインにはないようです。

 

バラ専門の花屋さんで働いたことのある私からのバラ便りでした。

やはり女性にとって赤い薔薇をプレゼントされるというのは嬉しいものですね。

 

Muchas gracias por leer♡

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

2016年に大手通信企業を退職し、夢を抱いて単身スペインへ。“とにかくやってみる“を基本に、自分なりにできることをチャレンジ。サッカーをこよなく愛する。スペインにとどまらずヨーロッパへの一人旅も。見た目は子ども、頭脳は体育会系のなでしこジャーニー。