世界一のオリーブ生産国スペイン!オリーブオイルはもはやソース




 

スペインは世界有数のオリーブ大国です。

なんと世界一のオリーブ生産量を誇ります!

 

2014年の生産量は約450万トンとのことです。

これは2位につけるイタリア約200万トンの2倍以上にも及びます。

スペインに住み始めてから当たり前のようになっていましたが、確かにオリーブを日常でよく目にします。

バルに入ればお酒と一緒に出てくることもあれば、オリーブで作られているスキンケア用品など多彩な用途があります。

 

おつまみに出てくるオリーブは本当に美味しいんです。

一度モロッコに行ったとき同じようにオリーブが出てきたのですが、味が全然違っていて美味しいとは言い難い。。スペインのクオリティの高さに気づかされました。

 

他にもスペイン料理として有名な「アヒージョ」もオリーブオイルがたっぷりと使われています。またカタルーニャ地方でよく食べられる「パン•コン•トマテ」も有名ですね。バゲットにすりつぶしたトマト、にんにく、オリーブオイルをつけて食べます。

 

料理に使われるオイルも基本的にオリーブオイルです。スーパーでとても安く買うことができるんです!エキストラバージンのオリーブオイルでも1Lで2〜4ユーロ程度で買えちゃいます。

 

そんなオリーブ大国に住んでいて最近思うことは、「オリーブオイルはもはやソース」ということです。サラダにかけるドレッシングとして私はオリーブオイルと醤油をよく使っています。この2つさえあれば十分美味しい!オリーブオイルと塩でも美味しいです。

以前の記事でもご紹介しましたが、ホームステイをしていた2ヶ月間はサラダのドレッシングが毎日オリーブオイル•塩•バルサミコ酢でした。(正直最後の方は少し飽きていました。。)日本のように豊富なドレッシングも売っていないため、基本的にこの3点。レストランで食べるサラダやお店で買うサラダもすべてこれです。(他のドレッシングは未だ見たことがありません)

 

とにかく私の中ではもうオリーブオイルはソースという位置付けになっています。日本にいたときは速水もこみちさんの料理姿を見てしばしば「なんでこんなにオリーブオイルばかり使うんだろう」と思っていましたが、今となっては大賛成です。ごめんなさい、もこみちさん。

 

地元の人はパン•コン•トマテをバルで出されたときに、食べる直前にさらにオリーブオイルをかけます。それも少量ではなく。しかもそれが本当に美味しい。オリーブオイル自体が美味しいんだと痛感します。

 

 

そんなオリーブオイルは健康効果も期待できると言われています。

抗酸化作用やコレステロール低下を始め、腸の調子を整える効果やデトックス効果もあります。ダイエットや美肌などに期待できるため、女性にはぜひ食事に取り入れて欲しいものです。

ただ日本人には遺伝子的に健康効果がそれほど期待できないという声もあるようなので、オリーブオイルの摂りすぎには注意が必要です。

 

こちらのスーパーでは小分けにできるオリーブオイル等も売っているので、スペインに旅行に来た際のお土産としても最適です。

 

普段あまりオリーブオイルに馴染みがない人も

今日から料理だけでなくソースとして使ってみてはいかがでしょうか。

 

Muchas gracias por leer♡

sponsored link






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

スペイン在住のホペイロ(エキップメント)×ブロガー。 大企業を辞めスペイン語英語ゼロでバルセロナのサッカーチームに1人で乗り込み、マネジメント活動中。 現地スペインのサッカー情報、人生を楽しむ達人らとのラテン生活を発信。 九州女子。