サッカーの魅力を改めて思い知らされた120分間




 

昨夜またしてもサッカーの虜にさせられてしまいました。

 

2015/2016 チャンピオンズリーグ準々決勝 2ndレグ

レアルマドリード vs バイエルンミュンヘン

サッカー好きなら誰もが目を引くであろうビッグゲーム。ホームスタジアムはマドリードのサンティアゴ•ベルナベウ。1stレグで1対2とアウェイで勝利を収めていたレアルマドリード。この試合では後半にPKを許してしまい、1点リードされてしまった。しかしエースのクリスティアーノ・ロナウド選手が1点を奪い返し安心したのもつかの間、少しのミスでオウンゴールを許して1対2。このまま90分間が経過してしまい、1stレグと合わせて同点となってしまったため、試合は延長戦にもつれ込みました。どちらかに1点が入れば相手は致命的となる延長戦。クリスティアーノ・ロナウド選手がまたしても点を決めて、その後は均衡が破れたかのように怒涛の得点ラッシュでレアルマドリードが3点を決めて試合終了。

 

私は行きつけのバルでいつものように観戦していました。このバルで仲良くなったバルセロナファンの友人らはいなかったけど、店員さん2人がいずれもレアルマドリードファン。並んで一緒にレアルマドリードを応援。

スペイン人は本当にリアクションが凄い!一つ一つのプレーに一喜一憂して、感情を思いっきり出します。私はもうだいぶ慣れましたが、やっぱり面白い。店員さんもその日は机をバンバン叩いてたくさん叫んでいました。私はいつも手を強く握りしめて祈りながら観ています。無意識ですが、おそらく力を入れてないと落ち着かないんです。もちろん私もたくさん喋ったり叫んだりしています。今となっては普通ですが、最初バルに来ていたときは、日本女性が1人でやってきて熱狂的にサッカーを観ている、という変わった光景だっただろうと思います。笑

 

とにかく今回の試合ばかりはかなり熱くなり、レアルマドリードが点を決めたときは店員さんとハイタッチをして喜びを分かち合いました。やっぱり点が入るのを信じて信じて、本当に点が入ったときの感動は一度味わうと忘れられません。チームもサポーターもテレビの前で応援しているサポーターもみんな一つになったような感覚。これがやみつきになります。

そしてもう一つ、私が素敵だなと思った瞬間。クリスティアーノ・ロナウド選手がハットトリックを決めた3点目。ゴール前までドリブルで持ち込んだマルセロ選手がキーパー含め2対2となった瞬間、自分でも決められるような状況でロナウド選手にパス。結果的にゴールとなりましたが、そのときに2人の間の信頼関係を垣間見えたように思えました。「自分でも十分決められるけど、彼ならきっと決めてくれる。」そういう人間らしい部分が見えるプレーが好きです。心を打たれてしまいます。ゴールを決めた後ロナウド選手のゴールパフォーマンスを2人で一緒にしていて、なんだか気持ちがほっこりしました。そして一層レアルマドリードが好きになりました。

 

しかし今週末は大注目のクラシコ!このタイミングで。笑 とても複雑な思いです。。バルセロナをもちろん応援したい気持ちもありますが、なんとも言えません。。昨年の12月のクラシコはカンプ•ノウがお祭り騒ぎだったので、今回も凄いんだろうなと思います。私は純粋にサッカーを楽しもうと思います!また面白い試合が観られそうで楽しみです。

バルセロナに住んでいながらサッカーに関する初めての記事がレアルマドリードに感動したという投稿。笑 どうかお許しください。

Muchas gracias♡

 

sponsored link






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

スペイン在住のホペイロ(エキップメント)×ブロガー。 大企業を辞めスペイン語英語ゼロでバルセロナのサッカーチームに1人で乗り込み、マネジメント活動中。 現地スペインのサッカー情報、人生を楽しむ達人らとのラテン生活を発信。 九州女子。