結果は既に決まっていた?ラ•リーガ16/17シーズン終了

 

こんにちは、久しぶりにオール明けのMayuです。

 

 

 

先日、ラ•リーガ38節が終了し、16/17シーズンはレアル•マドリードの優勝で幕を閉じました。(順位表はこちら

 

最終節はマラガ対レアル•マドリード、FCバルセロナ対SDエイバルという2試合によって優勝争いが繰り広げられました。

 

勝ち点差3で2位につけていたFCバルセロナは勝利が必須で、レアル•マドリードが負けなければ優勝はできない状態でした。

 

結果はFCバルセロナが4対2で勝利を収めたものの、レアル•マドリードがマラガに2対0で勝利したため、レアル•マドリードの優勝になりました。

 

 

 

 

最終節に隠された真実

ただこの最終節の優勝争い、現地バルセロナファンのほとんどは始まる前から既に諦めていました。というのも、レアル•マドリードの優勝は試合をせずとも決まっていたも同然でした。

 

 

…それはなぜか?
そこにはある1つの契約が存在していたからです。

 

 

 

レアル•マドリードに所属する、イスコ•アラルコン選手(フランシスコ•ロマン•アラルコン選手)。レベルの高い中でレギュラーを定着させてきており、今や旬な選手です。(私も大好きな選手です。)

 

 

彼はレアル•マドリードへ入団前、マラガに所属していました。マラガからレアル•マドリードへの移籍の際に両者間の契約で下記内容が交わされていたのです。

 

イスコがレアル•マドリードの選手である限りは、レアル•マドリードがマラガに勝利をするとマラガへ100万ユーロ(日本円で1億3000万程度)のボーナスが支給される。

 

つまり、マラガはレアル•マドリードに負けることで100万ユーロの大金を受け取ることができるのです。

 

こういった契約が存在し、なおかつ最終節でマラガは勝っても負けても順位に変動はなし…このような状態でマラガはレアル•マドリードに勝ちにいくでしょうか。答えは容易に想像できると思います。

 

 

 

この事実を知っているバルセロナファンは、最終節の手前でレアル•マドリードがセルタ•デ•ビーゴに勝利をした瞬間、優勝を諦めたのでした。

 

 

私はこの契約内容について一切知らず、現地のバルセロナファンに聞きました。それを聞いて違和感しかありませんでした。

 

 

 

契約内容というのはチームごと•選手ごとによってそれぞれ異なるかと思います。もちろん注目されている優秀な選手を獲得するためには、高い報酬や移籍金が発生します。本来契約しているチームと契約期間が残っている中で、より良いチームに引き抜かれて違約金をもらう、というのは理解できます。

 

 

 

しかしこの契約の中に、チーム間の試合結果が関わってくるような内容が入って良いのでしょうか。

 

 

 

サッカーだけでなくスポーツ全体として、試合前なんてあくまで勝ち負けがわからない状態で、自分のお気に入りのチームが勝てるように応援をする。格下のチームが強いチームに勝ったりすることで生まれる、いつも以上の喜びや選手•サポーター間の一体感。これらはスポーツの持つ魅力の大きな1つだと思います。

 

逆もしかりで、いつも負け知らずの強いチームが格下相手に負けることもあります。そのときはチームのために批判したり、次は勝てるようにまたしっかりと応援したりする。これもスポーツを楽しむ1つだと思います。

 

 

 

スポーツなんて何が起こるかわかりません。試合が終わる最後の1分、1秒で結果が逆転することだってあります。何が起こるかわからないからこそ、勝利を信じて応援することができるし、楽しむこともできます。

 

 

 

この基本的なスポーツの根幹を1つの契約内容によって、必然的な結果にしてしまうというのは少し違う気がするんです。

 

 

 

最終節のマラガ対レアル•マドリードの一戦。マラガファンはどのような気持ちで試合を観戦していたのでしょうか。「負けが見えているけど、チームにお金が入ってくるからいいや〜」といった開き直りなのでしょうか。本来であれば負け知らずのレアル•マドリードへ挑戦する試合になっていたはずです。勝ったら注目の的になる、こういった希望を持っているマラガファンの子どもたちもいたはずです。そんなことを考えると夢も希望もない契約に少し寂しさを感じてしまいました。。

 

 

 

この契約は5年間続くため、来シーズンも同様に適用されます。来シーズンもレアル•マドリードがマラガに勝利をすれば、マラガへ100万ユーロ支給されます。

 

 

 

私は最終節、FCバルセロナ対SDエイバルの試合を見ていたので、同時刻に開催されたこの試合は見ることができませんでした。結果が既に決まっていたともいえるこの試合、どういった試合運びだったのでしょうか。。

 

 

 

契約の段階では最低限、試合の結果を左右するような内容は入れてほしくないなと感じます。スポーツの持つ魅力は最低限損なわないでほしいものです。

 

 

 

 

さて今週末はコパ•デル•レイの決勝戦がおこなわれます。
バルセロナファンが笑顔になる試合になればいいなあと個人的に思います。

 

Muchas gracias por leer♡

 

under-pc

2 件のコメント

    • ねー、びっくりよね! 一部ニュースにはなっちょったけど、なかなか気付かんよね。
      スポーツだけは最低限のとこ守ってほしいちゃ。。
      けんちゃん、コメントありがとーう♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    2016年に大手通信企業を退職し、夢を抱いて単身スペインへ。“とにかくやってみる“を基本に、自分なりにできることをチャレンジ。サッカーをこよなく愛する。スペインにとどまらずヨーロッパへの一人旅も。見た目は子ども、頭脳は体育会系のなでしこジャーニー。