スペイン語・英語が話せないわたしの海外生活がスタート!




 

ー新しいことをはじめるー

未知の環境に飛び込んでいくというのは、最初は慣れないことばかりで辛いことが多いです。

そんなことを考えていると私の海外生活スタート時を思い出します。

それは約半年前。

 

英語もろくに話せない、ましてスペイン語もできないという状態で、わたしはスペイン行きの飛行機に乗っていました。

 

日本語のない異国の地へ到着

日本を出発してから約30時間近く経って(私は2回乗り継ぎをしたので割と時間がかかってしまった)、やっと到着したエル•プラット バルセロナ国際空港

 

 

わたしの海外生活はここからスタートしました。

 

身体は疲れていましたが、それよりもきちんと荷物が届くのか、待ち合わせる予定の現地の方と会えるのか、ひたすらに心配でした。。

 

私が利用した航空会社は「エティハド航空(ETIHAD AIRWAYS)」

UAE国営の航空会社だったので安全なはずだと思ってチョイスしました。

 

後々バルセロナで逢った日本人に「マイナーなとこ攻めましたね!初めて聞きました。」と言われて驚きましたが。

 

こちらの記事【普段はあまり見られない!有名航空会社4社の機内食を比較】では機内食を写真付きで紹介しています。あわせて読んでみてください。

 

 

空港からバルセロナ市街地へ

とにかく無事に荷物も到着して、到着ゲートを通過するとスペイン人の学校スタッフを発見。名前と学校名が書かれた紙を持って待っていてくれました。安心。

 

姉妹校に通うドイツ人の女の子とも一緒になり、3人で車に乗って空港を出発。

 

車の中はまさにスペイン!といった感じのラテンな曲を流していました。

日本の高速道路のような道を走らせて、バルセロナ中心部へ。

 

その時どんな道を通ったのか、いまいち覚えていませんが、途中でカサ•ミラを見たのは覚えています。

スペイン語なんてほとんど喋れなかったけど、「これは何?」とか一生懸命話して聞いていました。もちろんほとんど聞き取れず。。

 

 

そしてこれは家の近くの写真。日本でいう交差点のようなところ。パッと写真撮ったところもなんだか絵になるのがヨーロッパ。

 

 

スペイン生活のスタート地点となるホームステイ先へ

そんなこんなで無事ホームステイ先に到着。

 

最初の宿泊先は学校にお願いして、学校提携のホームステイ先に住むことにしていました。

まずはバルセロナで家探しできるようになるまでの3ヶ月だけ。(最終的には2ヶ月で引っ越しはできました!)

 

送迎してくれた運ちゃんが荷物を家まで運んでくれて、ホームステイ先の人とも会話してくれました。

 

優しそうなおばちゃんが出迎えてくれて、もう一人のおばちゃんが車椅子で待っていてくれました。

ダイニングテーブルでは同じくらいの年の女の子がご飯を食べていました。(もはやそのときは誰がホストマザーで、誰と連絡を取っていたのかなんてわかりませんでした。。)

 

そもそも1人暮らしと聞いていたから??の状態でとりあえず挨拶を交わして、部屋に入る。

1人部屋のはずだったけどなぜか2段ベッド!誰か追加で入ってくるんじゃないかとドキドキしていました。(結局は2段ベッドを1人で贅沢に使えました。)

机もあって、大きなタンスもあって、間接照明やら全身鏡もある綺麗な部屋で満足!

 

 

そして夕食の時間!

長距離移動の疲れとあまりの空腹で、こんなに美味しいご飯はあるんだろうかと感動しながら食べました。内容はあまり覚えていませんが。

これが私のスペイン生活初めての食事。

 

ホームステイ先での食事についてはこちらの記事、
生活を左右する!海外のホームステイではどんな食事?】をあわせてどうぞ。

 

ちなみにホストマザーはベジタリアンだったので、食事も野菜やら豆やらご飯中心。ヘルシーなご飯が好きな私にはありがたかった!

 

 

そのあとは念願のシャワー。

長時間移動だったので身体を洗いたくてたまらなかった。

 

そんなこんなで幸せな気持ちで就寝。明日からの学校にドキドキしながら。

 

あまりに疲れすぎて、時差ぼけなんて感じる暇もありませんでした。もはや寝床が変わって寝られないなんてこともさっぱり。笑 

私の海外生活はこうしてスタートしました。

 

そしていよいよ始まる、語学学校初日

はじめての海外の語学学校についてはこちらの記事、
未知なる海外の語学学校初日のお話。】をあわせてどうぞ。

 

これから海外へ行こうと思っているあなたへ!

これから旅行であれ留学であれ、海外に行こうと思っているあなたへアドバイス。

 

持ってくるのにおすすめなのは「湿布」

 

私は飛行機の長距離移動で身体がバキバキに痛くなっていて、痛みが取れるまでに1ヶ月くらいはかかってしまいました。。

これはスタート当初なかなかのストレスでした。。

 

薬局に行っても湿布のようなものは見当たらなくて、薬局の人に聞こうにも説明の仕方がわかりませんでした。(そもそもスペインに湿布がなかったら説明したところでわかってくれるはずもない。)

私が切実に欲しかった湿布を是非持っていくことをおすすめします!

Muchas gracias por leer♡

sponsored link






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

スペイン在住のホペイロ(エキップメント)×ブロガー。 大企業を辞めスペイン語英語ゼロでバルセロナのサッカーチームに1人で乗り込み、マネジメント活動中。 現地スペインのサッカー情報、人生を楽しむ達人らとのラテン生活を発信。 九州女子。