スペインで家族と過ごすクリスマスを体験してきた話




こんにちは、年越しはやっぱり日本がいいなと実感しているMayu(@Jope_Mayu)です。

日本の年末年始の雰囲気。地元の友だちとわいわいしたり、家族と美味しいもの食べてまったりしたり。

考えただけで泣きそう@スペイン。

今年は仕方ない!9月に日本いたし!(昨年も言ってた)

 

それにクリスマスはスペインで楽しませてもらったからよし。

そう、今年のクリスマスはスペイン人の家族と過ごすという貴重な体験させてもらいました!

Mayu
それはそれはもう、ファミリー感たっぷりなクリスマスよ。
Mayu
昨年とは大違い

 

日本に住んでるとなかなかヨーロッパのクリスマスが想像できないと思うので、今回はちらっとご紹介します!

もちろん各家庭によってさまざまなので、参考程度に。

 

みんなでおじいちゃん•おばあちゃんのお家に集合!

25日クリスマスの朝、12時においでと言われたのでその時間に行きました。

行ってみると、前日のクリスマスイブにわいわいしたあとの後片付けをしてる途中。

後片付けが完了したら、いざおじいちゃんおばあちゃんのお家へ!

おじいちゃんおばあちゃんのお家は広いので、いつもそこで集まるんだとか。

 

行ってみるとおばあちゃんがせっせと料理の支度をしていました。

ちらっとダイニングテーブルをのぞいてみると、パーティー感満載のお部屋に。

Mayu
たいそうな仕上がりといい、どんな宴がはじまるんや……

 

PlayStationWORLDSで遊んでみた

みんなでご飯を食べ始めるのにはもう少し時間があるので、隣接して住んでいる親戚のお家を少し紹介してもらうことに。

おじいちゃんはピソ(アパート)一軒を丸ごと持っているらしく、他の階に家族が住んでいました。

 

そのうちの一軒に行ってみると、PlayStationWORLDSで遊んでいたのでわたしもさせてもらえることに。

PlayStationWORLDSの存在さえ知らなかったわたしは初めて見て「なんだこれ?」という感じでしたが、実際にやってみるとおもしろい!

いわゆる3Dみたいなやつで、写真にあるどでかいメガネをつけてみると360度海の世界が広がってました。

そのまま海の奥底まで潜っていってダイビング。

 

あまり時間がなかったのでこれだけでしたが、ほかにも敵を倒していくようなゲームもありました。

Mayu
SONYさん色々すごいな。

日本人なのに全く知らず、スペイン人に色々教えてもらいました。

このゲームはPlayStation VRというのを使っています。

PlayStation VRを使うにはPlayStation 4PlayStation Cameraも必要です。

注意
メーカーの生産が終了しているのでお早めに!

年末年始に家族でPlayStationを使って楽しむのもいいですね。

今ならソニーが提供するインターネット回線、NURO光を申し込めばPlayStation 4を必ずもらえる!というキャンペーンもあるので、ぜひこちらもチェック!

 

みんな揃っていざ食事開始!

みんなぞろぞろと美味しそうな匂いに集まってきたので、いよいよ食事開始!

お昼ご飯ですが、ここはスペイン時間の14時〜15時頃に始まりました。

最初の一杯はクリスマス恒例のCAVA(カバ、シャンパンのこと)と思いきや、

各自みんな飲みたいものを飲むスタイル。ビールとかワインとかVermutとか。

飲みたいときに飲み始めるスタイル。乾杯はなくゆるーく開始。

一人ひとりの自由を尊重する国、スペイン。

 

まずはおつまみから

最初はピカピカといわれるおつまみのようなものからスタート。

各皿にえびや貝類のつまみ、アーティチョークの上にアンチョビとオリーブを乗っけたもの、生ハムやチーズなどが並んでいました。

Mayu
どれも美味しいんだこれが。

 

サラダと煮込み料理がやってくる

サラダスープが運ばれてきました。

Mayu
ちなみにスペイン人はあまり野菜を好んで食べる人がいないのか、サラダはいらないという人が多い。

 

そのあとolla de cardoという料理がやってきました。

骨つきの豚肉や肉団子、野菜やひよこ豆などを底の深い大きな鍋で煮込んだもの。

Mayu
写真撮り損ねました、ごめんなさい

先ほどのスープはこの煮込み料理のスープらしい。

このとき出てきた肉団子のようなものはPelota(スペイン語でボールという意味)と呼ばれてました。

Mayu
ボール食べたい!と連発するスペイン人

 

ここでまさかのシャンパンとともに乾杯

そうこうしていると急にCAVAを持ってきてみんなで注ぎ出しました。

ここでシャンパンの登場らしい。

そして急に乾杯しようぜ!といい出す。

Mayu
乾杯は一杯目という価値観は捨てましょう

恐縮ながらみんな日本語を使って、「カンパーイ」と言ってくれました。

(結局このCAVAに限らず、ピンク色のCAVAなども飲みました。)

 

いよいよメイン料理がやってきた

みんなお待ちかねのメイン料理。

 

これが何かはもう見て一発でしょう。

子ぶたさんです。

オーブンで焼かれた子ぶたさんです。

 

そしておばあちゃんはもういっちょ、料理を運んできました。

今度は子ひつじさん。

原型はありませんが、子ひつじさんです。

つまりはラム肉ですね。

 

ほとんど好き嫌いのないわたしでも若干ラム肉の臭みは気になってしまうんですが、「食べ、食べ!」というおすすめ合戦には勝てません。もはやお断りする時間さえもなく、お皿に盛られます。

最初食べたときはやはり臭みが気になりましたが、そのあとは意外と大丈夫でした!

Mayu
これを順応といいます

 

締めのデザート

最後はお口直しかのようにパインや黄桃、りんごにキウイなど色んな果物が入ったフルーツポンチが出てきました。嬉しい!(写真を撮り損ねましたが、あなたが想像した通りのフルーツポンチです)

そして食卓の真ん中にセッティングされるクリスマス菓子の数々。

トゥロンやポルボロン、フェレロロシェなどなど……

クリスマスを迎える前からトゥロンとポルボロンは食べてきて若干飽きてたので、フェレロロシェを食べてました。

何度も目にしていながら食べるのは初めてだった気がするフェレロロシェ

Mayu
これめっちゃ美味しいよね

 

食事も終わり、ぱらぱらと解散

「わたし薬局に行かなきゃいけないんだった!」

という孫娘の一言からぱらぱらと解散し始めました。

この自由さは家族間ならでは。

最後に記念にパシャり。

 

お次はどこへ?

父ちゃん
Mayu、行くぞ

どこに行くんだろう、と思ったらなんと少し離れた場所にあるもう一つのお家のクリスマスツリーの飾り付けをしに行くんだとか。

Mayu
よく聞く欧米のクリスマス準備かよ

 

なぜ今さらツリーの準備?かと思いきや、あしたのお昼はその別荘でみんなでご飯を食べるとのこと。そのための飾り付け。

 

補足
カタルーニャ地方では12月26日もサン•セバステンという祝日なんです。
この日もクリスマスのようにお祝いをします。

 

別荘に移動してクリスマスツリーの飾り付け

もう一つのお家のあるGavaへ向かいました。

別荘がなにせすごい

山の近くにある別荘。着いてみたらビックリ。

Mayu
家の前に普通こんな長いスロープある?
Mayu
プールあるやんけ。おっきいし、綺麗やし。

 

開いた口がふさがらないとはこのことです。

 

なんと立派で綺麗なお家だこと。

 

畑のようなものまで。

(みんなは家庭菜園だーと言ってたけど、わたしにはもう畑にしか見えない)

 

おじいちゃんは小鳥もたくさん飼っていました。

Mayu
小鳥のお世話をするおじいちゃんがたまらなく可愛かった

ツリーを出してきて飾りつけ

お家の中でツリーを飾りつけ。

ツリーはホンモノの木じゃなく偽物ですが。

 

無事完成してキッチンとダイニングの間のところに置きました。

 

外に出てみるとすっかり暗くなっていたのですが、

プールをみてみると、なんとロマンチックな仕掛けがされてありました!

他にも赤や青など色が変わるようになってました。

Mayu
しゃれてんなあオイ

 

翌朝、再び別荘へ

朝の10時に待ち合わせて再び別荘へ。

着いたら支度をして近くの山へ3匹の犬とハイキングへ。

Mayu
まさかスペインの山でハイキングをするような人生を送るとは。

 

このハイキングもおもしろい体験がいっぱいあったので、後日ブログに書こうかなと。

ということでここは割愛。(結局6km歩きました)

 

みんなで昼間っからパーティー開始!

別荘に戻って少しゆったりしたら、お昼のパーティーを開始!

この日もCAVAを開けて、みんなでお酒を飲みながら楽しみました。

 

スペイン人は相変わらずみんなよーく喋る。

それがまた楽しい!

 

最後のデザートのフィニッシュまで、前日と同様お腹いっぱい食べました。

 

そのあとはみんなでソファに座って映画鑑賞

ゆったーりとした時間が夜18時頃まで続きました。

暗くなってきて、みんなあしたからお仕事なので解散。

 

スペインのクリスマスまとめ

この2日間スペインの家族と過ごして、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

そして思ったことは、家族っていいなということ。

みんながいっぺんに集まることは普段なかなかできないですが、こうしてクリスマスをきっかけにみんなで集まって、わいわいガヤガヤできるのは幸せなことだなと思います。

何があっても家族がいれば、心強いし頼りになる。

https://twitter.com/Jope_Mayu/status/945500331827490817

 

クリスマスは家族の大切さ、かけがえのなさを実感させるものでした。

Muchas gracias por leer♡




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

スペイン在住のホペイロ(エキップメント)×ブロガー。 大企業を辞めスペイン語英語ゼロでバルセロナのサッカーチームに1人で乗り込み、マネジメント活動中。 現地スペインのサッカー情報、人生を楽しむ達人らとのラテン生活を発信。 九州女子。