バルセロナのテロ事件を受けて〜現地在住者の目線から〜




 

こんにちは、平和の大切さを実感しているMayuです。

 

 

 

ニュースでご存知だとは思いますが、

8月17日の午後5時頃(現地時間)にバルセロナでテロが起きました。

 

 

現場は街の中心部にある、ランブラス通り。

多くのレストランや商店が立ち並び、特に夏のハイシーズンは観光客がたくさんいます。

 

事件はカタルーニャ広場からランブラス通りを通って約500mほど、ランブラスの中心にあるリセウ駅まで白いバンが人々や商店を巻き込みながら駆け抜けていったようです。

 

 

 

わたしももちろんよく通る場所ですし、7月に通っていた学校(こちらの記事で詳しく)もこの通りのすぐ隣にあります。

 

なんならFacebookでテロ前日に友人が私と一緒に、このランブラス通りでタグ付けして投稿していたくらいです。

 

 

 

最初にこの報道を聞いたときは、何が何だかよくわからない状態でした。

 

テロがあったとき、わたしはたまたま家にいました。

現場から約3kmほど離れた場所です。

 

 

この日は1日オフだったので、わたしは買い物に出かけようと考えていました。

ただなんだか身体がだるく、背中がなんとなく重い感覚。

それまでほぼ1週間休みなくサッカーの練習や試合があったので、きっと疲れが溜まっていたのかなと思い、ベッドに横になっていました。

 

 

 

そこに飛び込んできたテロのニュース。

最初は何か白いバンの事故か何かかと思ったのですが、気づいたら世界を震撼させるテロ事件となっていました。

 

 

 

これまでフランスやドイツなどを中心にテロが起こっていましたが、正直なところまさかスペインにも被害が及ぶとは思っていませんでした。

 

しかもわたしにとってのアナザースカイのような大好きな街が、このようなことになってしまいショックや悲しみでいっぱいでした。

 

 

友人から共有された動画も、公の場では晒せないような無残なものでした。

 

日本の総領事館からも2時間おきくらいに事件についてのメールが飛んでくる状態。

 

テレビにひたすら流れるニュースを見ながら、わからない単語を必死で辞書で調べて理解する…という繰り返しでした。

 

 

 

 

バルセロナにいる友人らにすぐ連絡をとって安否確認。

幸いなことに私の周りの友人は皆無事でした。

 

 

わたしもちょっとした身体の不調に逆に助けられたように思います。

これも何か見えない力で守ってもらえたのかなという気がしています。

ご先祖様かな?

わたし実はご先祖様に常に守られているよっていう手相を持っているんです。(手のひらの中心に十字の線があります。笑)

 

他にもきっと日本にいる家族や友人が守ってくれているのかもしれません。

 

 

 

 

そんなこんなでテロの当日は家から一歩も出られませんでした。

メトロ(地下鉄)やバス、電車などの交通機関もストップ。

ランブラス通りの近くにあるいくつかの駅も封鎖されていました。

 

 

 

そのとき日本は夜中だったので、朝になったらニュースを見た家族や友人が心配するんじゃないかと、そっちが心配でした。

 

 

その日は夜の3時頃まで寝付けませんでした。

ほんの2.3km先でテロリストがまだ逃走中と考えると、さすがのわたしも少し怖く感じました。

 

 

 

次の日も変わらずランブラス通りの近くにあるいくつかの駅には地下鉄が止まらない状態だったようですが、街はいつもの日常を取り戻していました。

 

バルセロナにある鉄道の主要駅であるサンツ駅は、心なしかいつもより多く観光客がバルセロナから出て行っているようにも見えました。

 

 

 

しかしこのテロにも屈せず、これからまた元気なバルセロナの街を取り戻してほしいなと思います。ランブラス通りはまた観光客でたくさん溢れているようなので、きっと大丈夫かな。

 

 

 

そしてご心配のメッセージをくれたたくさんの方々、本当にありがとうございます。

わたしは元気です!相変わらずです!

たくさんのメッセージで元気をもらえて本当に感謝しています。

 

いろんな方に「気をつけてねって言っても、気をつけようがないよね。。」

と言われました。確かにそうですね。。

 

さすがにテロに遭遇しないように気をつけるのは難しいかもしれませんが、

これを機に以下のわたしの悪い癖を直そうと努めます。←

 

・深夜に1人で歩いて帰ろうとする(お酒を飲んだ後)

・仕事帰りのメトロでうたた寝をする

・カバンのチャックを開けたままにしない

 

 

海外に住んでるなら当たり前だ!!という声が聞こえてきそうです。

本当にすみません、反省です。ここは日本じゃありません。

いやもはや日本でも危ない場合もある。

親に話すときっと怒られるので、地元の方は秘密にしておいてください。。

 

 

 

今や海外が危険なだけでなく、日本も同様に地震などの災害でいつ何が起こるかわかりません。。

世界のどこにも安全な場所はないと思っています。

危機意識は常に持って行動しなくちゃいけませんね。

 

 

今回のテロ事件で犠牲に遭われた方々のご冥福をお祈りいたします。

 

Pray for Barcelona
Rezar a Barcelona pou un pez

 

Muchas gracias por leer♡ 

 

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

2016年に大手通信企業を退職し、夢を抱いて単身スペインへ。“とにかくやってみる“を基本に、自分なりにできることをチャレンジ。サッカーをこよなく愛する。スペインにとどまらずヨーロッパへの一人旅も。見た目は子ども、頭脳は体育会系のなでしこジャーニー。