スペイン・バルセロナの年末年始がカオスだった話




こんにちは、おせちって何ですかMayu(@Jope_Mayu)です。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

お正月、初詣、お雑煮、お餅、ガキ使、紅白、高校サッカー、君の名は……

全然ついていけてません。

Twitterとかを見ていて、なんとなく察してはいます。

ただ深く入りこんでしまうとスペインでひとり泣くことになりそうなのでやめておきます。

 

そんなわたしがスペインで過ごした年末年始は、ちょっとだけ特別感が加わったいつもの連休といった感じでした。

 

スペインの年末年始って?どんな習慣があるの?

スペインの大みそか:Noche vieja

スペインの大みそかはNoche vieja(ノチェ・ビエハ)と呼ばれます。

この日はスーパーも休みだったり、早めに店じまいをしたりという感じです。

年越しは家族とゆっくり過ごしたり、友人とカウントダウンイベントに出かけたり。

年をまたいだ瞬間はブドウを12粒、毎秒食べるのが伝統的です。

 

スペインの元旦:Año nuevo

スペインの元旦はAño nuevo(アニョ・ヌエボ)と呼ばれます。

この日は祝日で、レストランなどを除いて基本的にどこもお休みです。

スペインは正月三が日という考え方は一切ないので、2日から普通通りの生活がはじまります。

今年は元旦が月曜日だったので、ちょっとした3連休があっただけという感じでした。

ほぺまゆスペイン語講座
あけましておめでとう!= ¡Feliz año nuevo!(フェリス・アニョ・ヌエボ)

 

スペイン・バルセロナで過ごす年末年始とは?

2017年の年越しはお家で過ごしました

今年の大みそかの夜はなんとか停電が解消したところで、ルームメイトとロゼワインを開け、ピザとわたしの手作りトルティージャ(初作)でお祝いしました。

年越しの瞬間はテレビをみながらカウントダウン!

年越しをした瞬間のテレビ。

下に並んでいる数字とマークは12個のブドウを食べるためのものです。

年越しをしたら12秒のカウントダウンが始まるので、それに合わせてブドウを12個食べます。

 

マドリードのマヨール広場はこんな状態だったみたい。。

人で溢れかえっててゾッとする。。

 

Mayu
年越しとともにブドウを12粒食べるという慣習は、ブドウを買い忘れたことにより出来ませんでした

 

スペイン・バルセロナの年末年始、街はどうなってるの?

昨年の年越しはエスパーニャ広場の年越しイベントに行ってきました。

バルセロナの年越しで圧倒的な人の数を誇るエスパーニャ広場。

Mayu
これぞ人まみれ

年越しの瞬間の花火も見ることができました。

 

年越し後のエスパーニャ広場はこんな感じ。

 

スペイン・バルセロナの年末年始:年越しのあとはクラブへ!

年越しをしてから着替えるなりお化粧をするなり身支度をして、バルセロナのDiscoteca(クラブ)へ!

スペインのDiscotecaはだいたい夜中1時か2時以降に営業開始します。

わたしは全く詳しくないのですが、コロンビア人のルームメイトとその友だちについて行くがままVila Olimpicaのクラブに行ってきました。

ここは入場無料なので、さっと入って踊り、飽きたら別の場所へといった感じです。(ドリンク代は別途かかります。)

 

色んな国籍の人であふれたカオスな場所

バルセロナの人はもちろん、他のヨーロッパの国の人や中南米出身の人、アフリカ出身の人、アジア出身の人など色んな国籍の人が集まった場所になっていました。

Mayu
さすが国際都市バルセロナ

普段は遠くに住んでいるけど年末年始で遊びにきている人が多くいたように思います。

 

注意
人が多いところでは人ごみにまぎれてスリに遭うケースも多いので、身の回りのものには注意しておきましょう

スペインで日本人が被害に遭ったうちの2人に1人はバルセロナで起きています。

 

色んな男性が女性を誘う手法がおもしろかった

周りの人間観察や声をかけてくる人などを見ていたのですが、それがめちゃくちゃおもしろかったんです。

出逢って目があった瞬間、Te amo!(愛してる!)と叫び出すベネズエラ人。

Mayu
めちゃめちゃ軽いやん

そのあとわたしが日本人だと聞いて、なぜかさらにテンションがあがる彼。

色々話をして別れました。が、そのあともう一度見かけたとき、人混みの向こうでハートマークを手で作ってわたしに向けてきました。

Mayu
この積極性もはや見習いたいレベル

 

そして今度は黒人の方がノリノリで踊りながら徐々に友だちに近づいて、一緒に踊っていました。

ダンスの上手さといい、あのさりげない近づき方といい、すごいなあと感心。

「Mayuもダンス教えてもらい!」という友だちの一言から始まり、わたしも少しだけ踊ってみることに。

笑顔の素敵なセネガル人の彼。

踊りながら「Me gustaría conocerte(あなたのことを知りたい)」という言葉を投げかけられましたが、ありがとうと言って丁重にお断りしました。

 

ほかにも

  • 女性に直接話しかけて「僕と一緒に踊りませんか」と誘う男性
  • 遠くにいてもウインクをして女性を誘う男性
  • 近くで踊っている人が無言でぽんぽんと腕を叩き、おいでとサインしてくる男性
    ……etc

それはもうさまざまな光景を目の当たりにしました。

 

スペイン・バルセロナの年末年始:クラブをハシゴをして夜が明ける

スペイン・バルセロナで見た初日の出

みんな元気だなあーと思いながらのんびり過ごしていたら、気づけば朝の7時に。

せっかくなので日が昇るのを見ようということになり、海へ。

 

初日の出をばっちりと目に焼きつけることが出来ました。

バルセロナで初日の出を見たい方は、Bogatellの海がおすすめ!人があまりいないので、ゆっくりと見られます。

逆に人がたくさんいるところでワイワイ見たいという方はBarcelonetaの海へ行ってみましょう。

Mayu
Barcelonetaの海はスリに気をつけよう!

 

スペイン・バルセロナの年末年始まとめ

おもしろい光景をたくさん目の当たりにして、ある意味忘れられない夜となりました。

ラテン系の積極性というか、躊躇なく言葉にするあたり、つくづくさすがだなと。

最後は初日の出を見て綺麗に締めくくれたのでよかったなと個人的に思っています。笑

 

どんな雰囲気か味わってみたいという方は、特にお金もかからないのでふらっと寄ってみるのもおもしろいかもしれません。(年末年始かかわらずやってます。)

Muchas gracias por leer♡




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

スペイン在住のホペイロ(エキップメント)×ブロガー。 大企業を辞めスペイン語英語ゼロでバルセロナのサッカーチームに1人で乗り込み、マネジメント活動中。 現地スペインのサッカー情報、人生を楽しむ達人らとのラテン生活を発信。 九州女子。